忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[748] [747] [746] [745] [744] [743] [742] [741] [740] [739] [738
2019/08/20 (Tue)


日本アニメーション協会で知り合った若見ありささんによる企画。上映とワークショップ。
公式サイト
上映は
A:言葉あそび、素材あそびなどの「アニメあそび」
B:不思議な出来事やドキッとする「まかふしぎ」
C:ともにいきるいのちの多様性と神秘について「いのちのはなし」
さらにワークショップで作った作品の上映。
「まかふしぎ」に拙作『白い手』を選んでいただいたので、YouTubeにアップしてあるものではあるけど久しぶりに観客の反応を見たくて行ってきました。
先月に怪談を聞きに行った会場での上映はどの作品も年代を問わずよく選んだなあという作品ばかり。お客さんも割とちゃんと入ってるので安心。もちろん親子連れが多くて、「まかふしぎ」では子供が怖がって出ていくこともありました。『白い手』では最後ちゃんと笑い声が出てよかったなあ。
驚き盤や手書きなどの部屋と、クレイアニメの2つの部屋のワークショップも大盛況。特にクレイアニメは事前予約申し込み必要で、二倍の数が来て抽選だったそうな。
透明なアクリルに書いたコマ仕立ての驚き盤が蛍光灯のトレス台上で回転させると光の明滅の周期と相まってちゃんと動画に見えるというのはなるほど、どこかでやってたものなのかな。
クレイアニメの方は大田区所蔵の絵画をもとにセット組んで撮影するというもの。洋画から浮世絵まで。どれも楽しそう。


上映作品の原画や人形、切り紙などの展示もありました。
大田区は所蔵する美術品があるのに美術館がないのでこういうイベントもなかなかないんだそうです。その親子も楽しそうで、ぜひ毎年開催してほしいものと思いました。
PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]