忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6
2019/11/04 (Mon)
三連休一日目の夜は、いつものカフェ百日紅での朗読劇へ。

朗読會『或る一節』
三島由紀夫『サド侯爵夫人』より

サド侯爵夫人ルネ:紅日毬子
モントルイユ夫人:川合瑞恵
脚色:如月悠帆
音楽:MERRY SUN
企画:目玉堂

目玉堂さんから朗読劇を依頼された月蝕歌劇団などで活躍された女優川合瑞恵さんが、かねてよりやってみたかった三島由紀夫の戯曲を紅日毬子さんとでとの二人でとリクエストし、もとは六人の女性による舞台劇を二人での往復書簡に書き直したとのことで。
サド侯爵夫人とその母親モントルイユ夫人の思惑対立立場などが恐ろしい緊張感で進められていくものでした。手紙を一つ読み終わるごとに蝋燭を消していくという、ちょっと百物語的な演出もあり、そのため上演中はエアコンを切っていたので満員ギッシリの店内は暑かったはずなのですが、それがそうと感じられたのは上演後のトークタイムになってから。それほどの緊迫、聞く方も集中力を必要とされてたのでした。

1月にはお二人でそれぞれ単独の朗読劇も催されるとのこと。どちらも行けるといいなあ。

PR
2019/10/31 (Thu)
これも恒例、バンダイの大人向け商品展示会。神保町ブックフェスとほぼ同じ期間の開催、歩いていける距離だしというより歩くのが一番早そうな区間なので日曜夕方はそちらにはしごしました。

二会場あるのでそもそもはしご。

あまり自分の関係したものはおいてないけど、どれもすごい出来。

ロボットも変身もいろいろ。

その中で絶対手を出さないようにしてきたけど壮観なのがアベンジャーズというかマーベルの皆さん。『インフィニティ・ウォー』のあとで一同集まるところ見ると欲しくなってしまいますねえ。

2019/10/30 (Wed)
恒例神保町ブックフェスにも行ってました。

去年いくつか買った、雑誌の付録系はその前の板橋区民まつりで買ったのでこっちでは買わない方向で。
で、いろいろ食べるばかり。

ロシア料理店のストロガノフ、海鮮と肉チヂミのハーフ、ココナッツミルクぜんざい
北京ダック、ホタテバター焼き、ラム串焼き、牛肉赤ワイン煮込み、イクラやサーモンのロシアクレーブ、
酒のカクテル、濃いミルクティー、エジプト風ココア。

妖怪推進委員会あらためお化け好き友の会では深川お化け縁日で書いそびれた絵はがきを買いました。今回のほうがセットでお得だったな。

2019/10/25 (Fri)
恒例板橋区民まつり。
今年もいろんなの食べました。


普段ビールは飲まないんですが、クラフトビールはうまいですねえ。
北海道の人の海鮮焼きそばが塩味で。
ラム串焼き、鮎、インド料理店のタピオカマンゴ、岩魚なかったのでまた鮎、
モンゴルの人たちのヨーグルトは手作り感満載、その小籠包みたいのも汁がたっぷり
クラフトビールの黒だけじゃあなくて、オレンジか何かの果汁入りも。
気になってたけどはじめてのベトナムサンドイッチは癖になりそう。

いたばしプロレスも見られました。

集団タッグマッチの中に女子が一人だけ入ってて頑張ってましたよ。
リング降りたレスラーに子どもたちが寄ってって、嬉しそうにしてるのがいいなあ。

古本コーナーにも立ち寄ってしまい。

ビールでいい気分になってたので、雑誌付録のバッグたくさん買ってしまいました。
アホとしか言いようがない。
2019/10/23 (Wed)
ああルナティックシアターと言う劇団が、秋のこの時期、二三週間に渡って主に怖いもの関わりの演劇やら何やらやってるというのは聞いてました。そのうちの一日が京極夏彦、平山夢明を審査員に迎えての劇団員が制作した短編映画祭らしいことも。なんと10年もやってたとのこと。一度も行く機会なかったなあ、この時期忙しいのかなあ自分。

ちょっとタイトルは変わったけど同じ主催で今年もやってるとのことで、行ってみました。
今回は映像関係ないみたい。
といって、なにをやるのかはわからないまま。
客席には妖怪イベントでよく見るあの人この人達も。
演目名にもなってる京極夏彦、主催の橋沢進一、ずっとゲストでいるらしい俳優・怪奇物収集家の渡辺シブヲの三人が登場、まずは平山夢明到着を待つというイベント。その後は……

終演後、京極「みなさん、ここであったことは忘れてください」
ということでもう覚えておりません。
何かのはずみで、記憶の底から浮き上がってきたりするんだろうなあ。来年も行こうかなあ。
■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]