忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6
2018/05/30 (Wed)
昨日2018/05/28下記のツイートをしたところ、大きな反響をいただきました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
デジモン新プロジェクトについて
設定の継承で脚本の監修にという要請があり昨年より作業進めてましたが、TV版の設定と相容れないと思われるプロットが提出されプロデューサー陣がそれを支持した時点で降板を表明しました。経過を聞いてみたところそのまま進めてるそうなので、やはり降板します。
降板の表明についてはプロデューサーに了承してもらってます。
もともとシリーズディレクターは原作者というわけでもないし、TV版の設定にしてもまとめて明文化されてるわけでもありません。これまでの劇場版は放映当時のものでも自分と関わりないところで作られてたので設定にとらわれずお楽しみいただける方も多いと思います。
もともとシリーズディレクターは原作者というわけでもないし、TV版の設定にしてもまとめて明文化されてるわけでもありません。これまでの劇場版は放映当時のものでも自分と関わりないところで作られてたので設定にとらわれずお楽しみいただける方も多いと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------------

多くの応援コメントもいただきました。それぞれにお返事できなくて申し訳ありません。
皆様ありがとうございました。

いくつか誤解を招いてるところもあるようなので補足しておきます。新プロジェクトとは現在上映中の作品ではなく、その最後についている(らしい。確認したわけではないので)あるいは公式アカウントで予告で示されたものです。
それがどういう媒体のものなのかも未発表なのでここで触れるわけには行きませんが、自分が要請されたのはデジモンアドベンチャー及び02に関しての設定的な監修です。もとよりデジモンに関して自分で設定を(全部ではないですが)組み上げたのはその二作品に限られてます。

その設定というかコンセプトについての一部は昨日のこのブログでも触れた2013年3月のツイート及びそのものと日替わり日記の記事でかなりわかると思います。

長くなりますが再録しておきます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
デジモンについて1 最初にデジモンのアニメ化の話を聞いたのが1998年8月。
その時点で主人公たちは5人以上、それぞれに別のデジモンがつくというところまで決まってました。
先行作品との差別化という商業的な理由からだけど、作品内容的にそれにふさわしい理由はつけなければなりません。
デジモンについて2 そこでデジモンの特徴である「進化」に注目。
通常、進化といえばその種全体が変化していくことなのに、デジモン単体の個体の変化をなぜ進化と呼ぶのか。これは作中でも2話の光子郎とテントモンの会話で触れてあったんですが、その謎は作中で解かないままでした。
デジモンについて3 人類はこの先どう進化していくのかというのはその前から気になってたことで、これまでの変化で最も特徴的な脳の増加という方向はこの先は無理。現在でも胎児が生まれるとき頭蓋骨を3分割して無理やり産道を通してるくらいだから。
すくなくとも1.5倍とかには成り得ない。
デジモンについて4 かといって、ほかの部分がすごく変化するとも思えない。歯の数などは少なくなってきてるそうなんで、何かしら進化の変化期が迫ってきてるはずではあるんだけど。
では、肉体じゃなければ、精神とか魂とかの変化だとしたら。
デジモンについて5 人間の考えることはその肉体や脳の構造によってかなり制限されているもの。もし今の肉体以外にもう一つの自分が存在できるとしたら。それが自分を補うものであったら、その存在を持つことが進化となるのではないか。
デジモンについて6 なぜ今現在この時期に進化か、というきっかけは電子機器、インターネットの発達。地球全体を覆うもう一つの地球ともいうべき見えない世界の構築がなされつつあること。
デジモンについて7 魂の片割れは昔から存在していたのにはっきり分かる形であらわれることができなかった。それがもう一つの地球であるデジタル世界でなら、形を定めることができるようになった。
昔からその存在は電気や電磁波とは親和性が高くていわゆる心霊写真や心霊ビデオに映るのもそのせい。
デジモンについて8 02で及川や伊織の父が若いころTVゲームの中になにか見たのもこの流れ。
妖怪ともとらえられていた、というのが02の33話で武之内教授が言ってたこと。
デジモンについて9 なので、アドベンチャー作中で人間でもデジモンでもない存在は電気に関わりの深い名前ということで平賀源内からゲンナイとしてあります。
(02でもゲンナイの分身はその路線の予定がベンジャミン・フランクリンからとったベンジャミンだけであとはぐだぐだになりましたが)
デジモンについて10 人類がパートナーデジモンを持つことになる最初のきっかけは1996年の光が丘事件だけど、そのときはネット環境がまだ整わず早すぎた。
その翌年から二人、四人と関わる人達が出てきて99年には8人に。
その後1年に2倍のペースで増え(デジタルなので2進法的な考え)
デジモンについて11 二十数年後、02の最終回で描かれた世界ではやっと全人類がパートナーデジモンを持つことができた。これがデジモンアドベンチャー作品内における進化のひとくぎり、という話でした。
デジモンについて12 1年目の最後の敵は『封印された進化の可能性』だったけど、その力を解き放った何かもいたはずで、02で及川を通じて一乗寺賢にまで操らせた何かも同じもの、
デジモンについて13 もし三年目があればその力は地球外からきた『進化を阻害する何か』と設定するつもりで、その名残が02最終回でヤマトが宇宙飛行士になってたということにつながります。進化に関する地点だから月で次の目標は木星、というのはSF的には当然ですよね。
デジモンについて14 長くなりましたが放映開始記念日ということで。
なぜデジタル世界のものが現実世界に物質化できるのかとか、
この作品中の魂の考え方は新プラトン主義の流出説に近い立場とかいう話はまた別の機会に。
デジモンについて補足1 そういうわけで、デジモンアドベンチャー内のデジモンはパートナーの魂の片割れというかもうひとりの自分なので、同じような性格だったり、正反対のように補うものだったり。でも絶対にパートナーのやることを否定しないのね。
デジモンについて補足2 さてそのもう一つの魂が自分のすぐそばに動物の形になって現れ、本人の成長に応じて変化するという設定の作品が別にありまして、映画にもなった『黄金の羅針盤』ライラの冒険シリーズ。この方が本国の出版は何年か早いけど、日本では99年の11月。
デジモンについて補足3 02が終わる頃『黄金の羅針盤』読んだ時の驚きと言ったら!しかも続編『神秘の短剣』では異世界のゲートを開く道具が出てきて、これ02のD3と同じ役割じゃないかと。あまりのことに完結編は買ったけど未読のまま。デジモンアドベンチャーファンの人にもおすすめの本。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
これ以外にも内容の設定と別に番組としては
「番組の主役は太一とアグモンだが物語は8人全員とそのパートナーデジモンが主人公(02では12人)」
「各人間キャラには基本的に誕生日、血液型は設定しない(はっきりしたモデルが居る井ノ上京などは例外)」
などもありました。

そしてツイート中でも触れてるとおり、現在上映中のものだけでなく放映当時作られた劇場版でもその設定どおりに作られてるものばかりではありません。最初の劇場版はまだテレビとほぼ同時だったのでいくらかは歩調を合わせテレビに反映させる頃が出来たのですが、次の劇場版2作は完成するまで内容を知ることもスタッフと打ち合わせすることもありませんでした。
その前の2作品は打ち合わせすり合わせ等がなかったため先の再録された基本原則からいくつか逸脱した部分があります。が、それが作品の面白さと同一視される部分でもないのは皆様もご存知のとおり。事前に打ち合わせをすこしでも出来たのはアドベンチャーの最終回含めTVシリーズでも何本も担当していただいた今村監督による「ディアボロモンの逆襲」のみです。
先の二作品については映画の中で突然こういう設定を作ったからテレビでその矛盾を解消してくれなどと無茶な要求がなされ、それはあまりに順序が違うのではないか、そういうことではこの先テレビは続けられない、というのがアドベンチャーが02までで終わった原因の一つでもあります。そのため本来三年目で広げるつもりだった世界中のパートナーデジモンを持つ子どもたち編を組み込んだりもして慌ただしい部分もありましたが、結果的に02はやれることは全てやり尽くしていい形で終われたと思うし、テイマーズという傑作が生まれることにもなりました。

今回の自分の降板もそれがイコール新プロジェクトの作品としての価値を損じるものかどうかはまで判定するものではありません。
もともと自分が担当したアドベンチャーと02でさえ、片方に不満を持つ声も見てますし、それはどの作品にも存在し、今回自分が降板せず続投し、先の原則設定に沿って作られたとしてもそういう不満も必ず生まれてくるものです。不満と満足の比率は別として。
例えば02最終回の全員が大人になった場面、および空とヤマトのことなども発案と責任はすべて角銅にあります。
目に見えない設定に縛られず近作も楽しめたという方々は引き続きお楽しみにしていただいてもいいのではとおもいます。
が、アドベンチャー、および02に満足し主に設定面で近作に不満をいだいて次作に期待されてたという方々には満足できない部分があるかもしれない、それほど気にならない程度のものになる可能性もありはしますが、そういう方が完成までずっと期待し続けて落胆するのも申し訳ないのではと、降板の公表に至った次第です。
もちろん完成したものが設定原則に近いものになればいうことはないし、そうでなくても楽しめる作品になっていさえすればいいのではという気もしなくもないですが、それとは別に、もしまたその次にでも関わることがあるようでしたらまたご報告します。
が、もうあと数年経てば子供の頃デジモンを熱心に見ていたという人たちが中心になってのプロジェクトも企画されるのではないか。むしろそれを楽しみに待ちたいという気もあります。

ながくなりましたが、とりあえずこれにて当ブログでのデジモン新プロジェクト及び過去作品への言及は終わりにしたいと思います。
またツイートもしてあるように玩具、フィギュア、ゲーム、音楽などで関係したものは随時紹介していきます。そちらの方もお楽しみに。



最近届いた超進化魂テイルモン−エンジェウーモン、とてもできが良くて、だけでなく売れ行きも大変いいらしいのですが、まだ開箱するにいたっておりません。これも後日。
PR
2018/05/29 (Tue)
デジモン新プロジェクト降板のツイートをしたら大きな反響をいただきました。
当初の予定ではこのブログではうちの本館ウェブサイト「錆びた館」の日替わり画像日記デジモン関連画像の紹介を二、三年分ずつ、今週金曜の晩くらいまで続けてからツイートする予定でした。それまでに状況がすこしでも変わればと様子見てたのですが、そうはならないとはっきりしたので昨日昼にツイートした次第です。過去分画像の紹介をゆっくりする意味もなくなったので、残りは本日にまとめて紹介します。

過去画像についての説明は本ブログのこの記事を参照してください。
デジモン画像1999


さてデジモンアドベンチャーから10周年も過ぎた2010年にはデジモンクロスウォーズがはじまり、各話演出として参加しました。

デジモン画像2010

格好いいオメガモンのプラモデルも発売されてます。

2011年にも続き。何故かブラックウォーグレイモンのフィギュアも出てたのかな。

デジモン画像2011


2012年まで。

デジモン画像2012

最終回の前回には過去シリーズの主人公たちも登場しました。シナリオになかったけどジョグレス進化に必要な一乗寺賢も出しました。できれば他の人達も、とくにブイモンやデュークモンも出したかったけど増やすのは一人までが限界。自分で映像でアドベンチャーの登場人物を扱ったのはこれが最後なのかな、今のところ。その他東映アニメーションのギャラリーにあったデジモンのガレージキットなどは初出かも。

2013年にはアニメでなく、デジモンアドベンチャーを体験できるPSPのゲームが発売。
これは個人的には画期的なことに思えました。

デジモン画像2013


セリフは再収録で自分でもすべての話数を再体験できましたが、それより開発元に熱心なファンがいての企画だったと聞いて、ゲームの方では放映当時の子どもたちがついに開発側にまで成長していたのかと。セレクトしてあるとはいえ膨大なセリフ量で収録もかなりの期間になりました。当時の子ども達といえば、クロスウォーズでご一緒した潘めぐみさんがまさにそうで、このゲームではタケルをおねがいしました。ほかにデビモンに置鮎龍太郎さん、ピッコロモンに三ツ矢雄二さんという代役を考えお願いし大変素晴らしく演じていただきました。宣伝のニコ生にも出演させてもらい昨年末のニコ生につながるわけです。

さすがにこれで総決算的に終わりかと思えば翌年に違う展開が。

デジモン画像2014

アドベンチャーから15年たち、公式にデジフェスが開催。さらに新しく続編の企画が発表となりました。それに自分は無関係だったのですが関連商品が続々と販売されることになります。
このときの打ち上げで宮崎歩さん松澤千晶さん和田光司さんと撮った写真は貴重なものとなりました。


というわけで翌年からは続々とアイテムが増えていきます。

デジモン画像2015

まず一番はデジモンアドベンチャーのBlue-ray−BOXの発売。そうしてるうちに東映アニメーションの大泉スタジオが老巧化、新築のため一時移転することになります。その移転先がまさか光が丘とは。大泉スタジオ最後の見学会にはイベント用大型フィギュアがあちこちに配され、太一とアグモン、大輔とブイモンもいました。



縁があるのかないのか、この光が丘に行ってる三年間デジモンアドベンチャーのアニメに関わることはまったくなかったわけですが。

翌年は02のBlue-rayBOXの発売もありましたが別の意味で忘れられないことが続きました。

デジモン画像2016


デジモンシリーズの主題歌を歌ってきてくれた和田光司さんと、武之内空役水谷優子さんが相次いで亡くなられました。夏のデジフェスにはボルケーノ太田さんが和田さんのレゴを持ってきてくれて一緒に観ました。

この年の画像だけど、Butter-Flyの楽譜が載った本は確か放映当時に買ったもの。


いつか自分で弾けるように練習しようと思ってたのになあ。

去年はまたいろんなことが

デジモン画像2017

関連商品もいろいろでたけど、超進化魂のイベント出演で大阪まで行ったりゲーム系でニコ生にまた出たり音楽系でクリスマスイベントに出たり。テイマーズBlue-rayBOXの特典ドラマCDの収録があったり。アニメ以外のジャンルではほぼ全部関係したんではなかったかな。
あ、自分は無関係だけど舞台はとても良く出来てて感激しました。
秋には東映アニメーションが光が丘から大泉に戻りました。光が丘駅のデジモンアドベンチャーのパネルはずいぶん日に焼けて色落ちしてるなあ。
この年に買ったものではないけど思い出して発掘したのがデジモンアドベンチャー最初の劇場版、ウォーゲーム、ハリケーンまでをまとめて一つの話に編集して公開したアメリカの劇場版の、DVDならぬビデオCD。


ゼボリューションの頃に香港で買ったもの。なかなか面白いんですよ。

そして今年。

デジモン画像2018

昨日ツイートしたように新プロジェクトには関わりませんが、玩具、フィギュア、ゲーム、音楽系は機会あれば追加していきます。

ここまでの記事で紹介してない、つまり本家サイトの日替わり画像で紹介してないけどツイッターにアップしたものの2012年の分はまとめがあるので、そちらもお楽しみください。

デジモンアドベンチャー放映開始13周年記念画像特集
Part1
Part2
Part3
Part4
Part5


ついでと言ってはなんですが、2013年には画像でなくデジモンアドベンチャーの設定について書いたことがあります。

twilog 2013/03/07

興味あればお読みください。

これで手持ちのデジモン系画像類の紹介は大体終わり。






2018/05/28 (Mon)
この三年間がデジモン関連画像が最も少なくなります。



デジモン画像2007

2007年はなんと進化歌のベスト盤2のみ。




デジモン画像2008

2008年はデジモンアドベンチャーのDVD−BOXの再販分のみ。
もともと東映アニメは販売用ビデオがVHSからDVDへの移行が遅めで、放映時にはDVDがなく02からだったため最初のボックスの2004年販売時にはかなりニーズがあったらしく三年でもう一度発売されたのですが、それでも放映時からはまだ7,8年。放映時子供だった人が自費で購入するにはまだ少し早かったようでブルーレイBOXの発売までお待ちいただくことになります。




デジモン画像2009

2009年はアイテム類はほぼなくゼボリューションのサントラのみ。
そのかわりというか、渋谷で10周年記念ライブが開かれました。放映当時の子供たちはライブに参加できるまでには成長してたのだなあと。公式なデジモン関連ライブは2003年のお台場以来で、次は1014年まで待つことになったのかな。

デジモンのアニメとしては2006年にデジモンセイバーズがあったものの、自分は不参加で、アドベンチャーはすっかり過去のものとなろうとしていたと多くの人が思っていたはずでした。
2018/05/27 (Sun)
この辺からぐっとデジモン関連の画像が少なくなります。

デジモン画像2004

2004年は「DIGITAL MONSTER X-evolutionデジタルモンスターゼボリューション」のために何度か香港に行ってますが、年の半ば過ぎまでは公表されてないのでアイテムも海外のものが多く。
劉徳華アンディ・ラウのCD「夏日festa」は『デジモンアドベンチャー02』の主題歌『ターゲット〜赤い衝撃』の普通話(中国語)版「地球戦士」と広東語版「為我鼓掌」が収められているもの。デジモンのために香港に行くようになってちょうど『無間道 インファナル・アフェア』や『HERO』が公開され香港映画にドハマリしたところで劉徳華が主題歌歌ってくれていたとはと嬉しくなって町田の輸入CD屋まで買いに行ったもの。
もともとゲームのおまけに長編を三分割して3つのゲームを全部買うとストーリーが楽しめるフルCGデジモンアニメを作ろうという企画から始まったというゼボリューションが、意外にちゃんとしたものとして作ったのでまとめて公開できるようにしようということになり、スペシャル扱いでテレビで放映されたのが2005年はじめ。


デジモン画像2005

この年はデジモン関連画像はほぼこの作品のみに近くなりました。
もともとお話づくりとしてはアドベンチャーから02にかけて思うところはほぼやり尽くしたあとで、その後テイマーズ、フロンティアと各話演出として入っていたものの、アドベンチャーのときにデジモンのキャラはバンダイ、ウィズからもらったものに人間のキャラとお話は全くこちらサイド手動で作っていたので、一度デジモン開発元の考えるお話をやってみたかったと言うのにちょうどよく来たのがこの話。物語やセリフにはほぼかかわらず(一部キャラの変更のみお願いしましたが)いかにデジモンたちをフルCGでかっこよく見せられるかと言うことに徹したものでした。普段の作画アニメと違いカメラワークを自由にできるフルCGでの演出は実に楽しいもので、今でも自作品の中でアクション場面はこの作品が一番良く出来たのではないかと思ってます。

香港の人たちに作業してもらいやすくするため、劇中の全セリフを男女二人ですべて演じてもらいその口の動きが見える映像を送ったりしました。その女性の方が菊池こころさんで、本番アフレコの際にもコクワモンXを演じてもらい、後に『クロスウォーズ』やアプモンにも出演されてたのはご存知のとおり。



デジモン画像2006

2006年は『デジモンアドベンチャー02』のDVD-boxが出てます。ほかCDのベスト盤くらい。
が、8月1日にお台場に行ってみると、ファンの人達の姿は増えているようなのでした。


追記

前日に書くと書いてた、西澤さんのこと書き忘れてた。
今やデジモン界では超進化魂の開発担当、ターゲット西澤として有名なわけですが、ターゲットは02の主題歌からなんでしょうかね、聞きそびれたまま。
先に書いたようにゼボリューションの製作後半は一緒に香港に行きまして。そのとき香港で有名なおもちゃ屋に行きたいと言うので同行すると、これ日本で売ってないんですよと海外の超変形おもちゃをドカッと買い込んでました。あれが今の超進化魂につながってるのだなあ。
そういう自分もそのころはトランスフォーマーギャラクシーフォースに関わっていたのですがそれはまた別の話。
2018/05/26 (Sat)
この辺から画像が少なくなるので数年分まとめていきますが、年度ごとにフォルダは分けてあります。

デジモン画像2002

2002年はテイマーズからフロンティアへの切り替え。打ち上げ画像なども。

デジモン画像2003

2003年春にはフロンティアだけでなくアドベンチャー、02,テイマーズ合同の打ち上げが行われました。


このとき、デジモンがウルトラマンや仮面ライダーのように長く続くといいなと思います、10年後20年後にまたお会いしましょう、のようなことを言ったのですが、まさかほんとにそうなるとは。

もうデジモンで作業することもないかなと思ってた8月1日、なんとなくお台場に行ってみたらコスプレした人たちもいました。

で、その後わりとすぐ成田空港からデジモンデザイナーの渡辺けんじさん、当時のバンダイの担当者で今や声優のボルケーノ太田さんと香港へ。
『デジタルモンスター ゼボリューション』のCG会社との最初の打ち合わせでした。
このあと翌年には何回も香港に行くことになり、そのころバンダイの担当者がいま超進化魂の担当の西澤さんだったりするのですが、それはまた明日。

■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]