忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5
2018/09/13 (Thu)
先日三浦半島幻想文学会トークイベントに行った帰り。横須賀線に乗っていると、「次の田浦駅では先頭二両はトンネル内のためドアが開きません」とアナウンスがあり、どういうこと?と降りてみるとたしかに。


駅ホームすぐにトンネルが有り、そのホーム自体より車両のほうが長い編成なんですねえ。地元の方には当たり前のことでも、こんなところもあるのだなあと。それだけ利用客数自体は多いので編成は短くならないということでもあるんでしょうが。

ついでなので降りて改札へ向かう跨線橋?から。そのまま外へ出てみたら自衛隊関連施設だけでほかは見事になにもない地域でした。そう言うところはそいういうところなりに面白い。


PR
2018/08/03 (Fri)
大泉学園への通勤時、以前はよく和光市からのバス使ってました。東映撮影所というバス停があるくらいで歩く距離はぐんと少なく。が、全体としては西武線周りより時間かかるのが難点。なので東映アニメーションが光が丘の仮住まいから戻った去年11月以来あまりその経路使ってませんでした。が、ここしばらくの暑さに歩かないほうがいいかなと久々に和光市に降り立ってみたら。

見慣れた光景の一部が違うものに。

駅前の大きな書店が閉店してました。
うーん、どこも大変なんだろうなあ。ここがないと和光市で大きな書店ってどこになるんだろ。

2018/06/19 (Tue)
6月7、8日に開催。

在庫流通分はもちろんあまり流通してないものなども揃えた東京創元社本社倉庫での物販イベント。
平日昼間にもかかわらず訪れる人が跡を絶たず。
知った顔、どこかで見た顔もチラホラと。

そりゃもちろん本も数冊買いましたがこれうちにあったっけ積読してなかったっけと迷うものがあり困りました、ってちゃんと把握しとけよ自分。

アイテムでは東京創元社のマスコット、くらりのついたブックカバーとマステを購入。

この数日後、くらりのぬいぐるみのクラウドファンディング募集開始というチラシが入ってました。即日目標に達してました。そりゃまあそうだよねえ。

調布
2018/05/20 (Sun)
『ゲゲゲの鬼太郎』第八話「驚異!鏡じじいの計略!」いかがだったでしょうか。
前回の地岡[墓場鬼太郎監督]演出による『幽霊電車』のような怖さとまた違うものをお楽しみいただけてれば幸いです。

今期の鬼太郎は舞台が調布とはっきりしてるので、学校やまなの家、ゲゲゲの森など美術設定のあるもの以外の町並みは実際に調布の風景も使用しております。自分で撮影に行きました。

とはいえ、ほんとに調布にあるのに作中で使えないのがこういう鬼太郎関連のもの。

これからもまた何回か調布にお邪魔しに行くことになるでしょう。
また数週間後の鬼太郎でお目にかけられるかと。

あ、プリキュアも引き続き担当しておりますのでそちらもお楽しみに。
2018/05/03 (Thu)
4月下旬ある夜。
大泉学園の東映アニメで作業中、仕事でかなり残念な結果となるメールのやり取りしなんともシオシオな気分でバスで成増へ向かい夕食取るもそこまでにその前週にできたばかりの自作革鞄の中でペットボトルの蓋が外れており、中がビシャビシャなことに気づくも手遅れ、ポケットティッシュなどを広げて詰めて吸わせるくらいしかなく夕食は旨かったものの更にトホホな気分で東上線の各停にのったところでとある人から今飲んでるので江古田にきませんかとLINE、更にあの人やあの人もいるというそれは行かねばならないではないですか、もう少し早く言ってくれたら大泉学園から直通で行けたのにい、ともかく向かいまして。
ちょっとお久しぶりな方々や飲み会では初めてですよねの方とあれやこれや×××は全く×××だ!ととても他でいえないような話ばかり。そもそも始まりが遅かったので二次会まで行って終わりも遅くなり、深夜とはいえまあいつも普通に起きてる時間ここからなら歩いて帰りますよと皆さんとお別れしたあと知らない道を歩くにiPhoneとGoogleMapはなんと心強いことでしょうか。酔い醒ましのお散歩にちょうどいい気温と湿度だったし。そうして歩いてた途中で見かけたのがこの建物。

大きな道路脇にあるので近所の人でなくても車で通る人ならとっくにご存知なんでしょうが深夜に見るとかなりインパクトありますよ。ほんとにいつITが出てもおかしくないくらい。
また見に行ってみたいけどどの辺だったかなあ。酒のんでないと出くわせないとこだったりして。
■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]