忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6
2018/10/17 (Wed)
おなじみの怪談トークライブ。

今回は映像もあり、映画秘宝・田野辺さんの語る話もあり。
ここ数回の中では一番ちゃんと怪談したのだけど、怪談が始まったのが4時過ぎだったのではじめてのお客さんが何人も帰られてしまいました。
それなりに話してたので今までほぼ最長の6時半ぐらいで終会。もう少し早く怪談始まってれば帰らなくて済んだかも。初めて来てあれだともう来ないかな。
PR
2018/10/16 (Tue)

監督とタイトルはその前作『湄公河行動オペレーション・メコン』に似てるけど、話は呉京ウー・ジンの『戦狼2 ウルフ・オブ・ウォー』に近い感じ。個人でなくて中国軍の部隊が外国にいる中国人を救い出す、という詰めればそれだけ。それがもう、のっけからすごいアクション全開でそこから今回のミッションもらって出動、絶対不利な状況で戦い抜くけどなんともリアルに状況はそんな甘くなく、バンバン死ぬわ飛ぶわ爆発するわ。それにしても中東の街の撮影どこでやったのかほんとに内覧で壊れかけてるとこにしか見えない。銃撃戦格闘戦狙撃戦カーアクション潜入脱出ヘリも戦車も大活躍。やっと終わった、と思ったらまだそれから。そこで三幕八場構成の三幕目はこれからというのにきちんと対応してるのに思い至りなるほど、としかしまあそこからだけでも並の映画一本分ありますよ。


『戦狼2』のときも書いたけど、建前だけでも外国にいる同胞の危機には必ず駆けつけるというのはいいなあと思いました。日本でそういう設定考えられないもの。
2018/10/15 (Mon)
12日からの池袋パルコのムー展のあと、同日からの期間限定デジモンショップもちょっと見に。

平日昼というのにそう広くない店内に結構な人が。
が、これでも減った方で、開店から昼過ぎまで入場規制までしてたらしいです。
外向きディスプレイのものだけ見て

さっさと退散しましたが、この初日だけで売り切れた商品もあったようで。
期間も店舗も限定な上にハロウィン向け新規キャライラストがなかなかいいもんなあ。
2018/10/14 (Sun)
12日から開催中。初日に行ってきました。
場内は一部除き撮影可。
創刊号からの表紙がずらりとか、人気企画をジャンルごとに分けての記事パネルとか


実物はなんとあのユリ・ゲラーが曲げたスプーンとかビッグフットの足型とか取材に使ったガイガーカウンターとか

もちろんUMAなどと一緒の撮影スポットも。

ご自由にお持ちくださいツチノコのペーパークラフト、すぐに品切れしたそうで。早めに行っててよかったなあ。

ムー投稿怪談傑作選と、UFO型灰皿買ってしまいました。どう見てもただの灰皿ですがこれがUFO型なの。
2018/10/13 (Sat)
もう十年以上ぶりに映画のパンフレット買いました。

キャッチコピーや宣伝に「泣ける」という映画は好きでなく、そもそも泣きたいために映画に行きたいとは思わない。見たい映画が泣ける内容なのは構わない。今回は間違いなく泣けるだろなあと思いながら見ざるを得ない映画。二冊の絵本が原作。
「かつて日本のプロレス界の将来を託された男が怪我のため引退ギリギリ、悪役覆面レスラーとして生き延びる。小学生の主人公は父親がそのレスラー、ゴキブリマスクであることを知ってしまう」
この設定で、主演はかつて新日本プロレスのトップ、「百年に一人の逸材」エース、棚橋弘至。原作の絵本では若いチャンピオンのモデルだったレスラー。そのチャンピオン役には現在のトップ、オカダ・カズチカ。もうこれだけで泣けないはずがない。やばい。もう一回書くけど、泣きたいために映画に行きたいわけでなく、行かねばならない映画が間違いなく泣けるものだということ。始まって五分でもう泣きそうになりました。ラストの方はもうほんとやばかった。
映画としては、もっと(『レスラー』とまでは行かなくても)シリアスにも(『天国から来たチャンピオン』とまではいかなくても)もっとベタにも作れるだろうし、もっと泣けるかも。でもこういう作りでも今回はそれでいいという形。なにより各場面、その画作りが実に映画らしくていいのでした。
内容というか話にはもうこれ以上触れませんが、仲里依紗のプ女子な雑誌記者もいいし、ゴキブリマスクの妻・木村佳乃、子・寺田心がうまくていいのはもちろん、棚橋とオカダも好演。何しろプロレス場面はほんとですから。ほか新日のレスラーがたくさん出演。なかでも『タイガーマスクW』で本人役の声もし、大河ドラマにも出演した真壁刀義さんは実にはまり役。が。ゴキブリマスクの相棒ギンバエマスク役の田口隆祐がもうほんと無駄に上手い。台詞回しだけでなく、セリフがないところの表情が自然で作り過ぎでなくて、しかもちゃんといろんなことが伝わると言う。この人の芝居もっとみたい。や、プロレスも見たいですが。
■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]