忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5
2018/06/18 (Mon)


出演 牛抱せん夏 上間月貴 糸柳寿昭 山口綾子

小雨の中、二回目となる浅草での公演はいかがなものかと思えば、やはり入場待ちの列。


ゲストのお二人の女性は六本木から歌舞伎町に移転した怪談バーの怪談師さんとか。
なるほどあちらではこういうお話されるんですねえ。
一度行ってみなくちゃと思いつつまだ。

たっぷりの怪談を堪能できました。次回公演は都合合わず見にいけない模様で残念〜。
PR
2018/06/17 (Sun)
おなじみのオールナイト怪談トークライブ。 


といいながら、今回は映画秘宝の新耳Gmen新作映画の話やらジブリ関連出版やら稲川淳二のことやらで怪談は無し。せっかく富山から上京した人含め新規の若い女性客五人組がきてたのに終わる前に帰っちゃいました。
2018/05/21 (Mon)


出演 東雅夫(文芸評論家、アンソロジスト) 鈴木彩(慶應義塾大学非常勤講師)今藤晃裕(私立高校教員)

怪異怪談研究再主催のトークイベント、ホラーアカデミアも4回目。
昨年亡くなられた研究家、清水潤さんの著作『鏡花と妖怪』をメインに、今なんと文豪ストレイドッグスで盛り上がる泉鏡花などについて語るというもの。

もとから小説だけでなく戯曲も多い鏡花。そして、水木しげる以前の妖怪ものというと実に大きな影響を残していて、主人公に美男美女、悪役は醜悪が多いというのは現代の映像メディア向けでもあるのではないのかと。近年のコミカライズも評判いいようですし、映画では『夜叉ケ池』ドラマでも『高野聖』などあり。問題はアニメだなあ。『天守物語』は大変惜しいことしてると思いますわ。

次回は今日客席にいらしてた光原百合さんを中心に怪異とミステリについてがテーマだそうで、ただ8月27日って東京にいないので参加できなくて残念。

2018/05/06 (Sun)


出演 今仁英輔 上間月貴 糸柳寿昭 吉田悠軌

浅草に着いてみると東洋館の脇にすごい列が。ええまさかこれが怪談会の列とは。
並ぶ気はないのでしばらく向かいの「まるごとにっぽん」ぶらついたあと席へ。

それは満席ですよ。怪談社、ゲストのとうもろこしの会のお二人両方のファンが揃ったからの数なんでしょうか。

とうもろこしの会のお二人は揃って公演することはほぼないらしいですよ。
もともとストリップ劇場ということで照明がいつもより工夫あったりも面白いところ。
次回もここで、6月だそうですよ。

2018/05/05 (Sat)
『新耳袋』の著者の一人木原浩勝さんの『新耳袋』トークダイブの翌週にもう一人の著者中山市朗さんの久々の東京怪談公演。今回は夜の部が原宿で深夜が新宿。

土曜夜の原宿竹下通りはそりゃあもうすごい人波で、会場も満席。
ゲストの西浦和也さんと楽しいヤバい怪談の数々。

夜中の部、新宿は前にも会場だったところ。

ここの椅子はなぜか座ってるとお尻痛くなるの知ってるので長丁場に備えてクッション持参してってほんとよかった。
こちらでもゲスト西浦和也さんに加えてMCの女性も入り。もう一人関西の怪談大会優勝者のひともきてましたがもうちょと頑張って欲しいかな。ともあれそこで明け方まで。
計8時間くらいか、びっちり怪談聞いてきました。堪能したなあ。

■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]