忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[909] [908] [907] [906] [905] [904] [903] [902] [901] [900] [899
2020/02/03 (Mon)
サーバーに故障発生のため、ブログを一週間お休みしましたが再開します。
『ゲゲゲの鬼太郎』昨日放映済みでした。

脚本は64話『水虎』70話『足跡の怪』でも組んだ長谷川圭一さん。
二期『アンコールワットの亡霊』のパラレル後日談とも言えるリメイクで、それ自体は『足跡の怪』と似た趣向ですが、先に組んだ二話が怖い系にくらべ今回はなんというかロマンチック系。
時代も現代、48年前、52年前、400年前といろいろ。
ゲスト主役の舞台演出家本郷柊作は青年期と老人を演じていただかなければならず、別人を配役する気もなく。ということで大ベテランの野田圭一さんを希望して叶えられました。老人の場での長台詞の素晴らしさは言うまでもなく、青年期の声の若々しさ、そして、あの声だけで70年台を感じさせることのできる人はそう多くはないでしょう。なにより今回も登場した森本は二期で野田さんが演じられた役だったのでした。
その妻役の久川綾さんも見事だし、カンボジアの亡霊武者の頭領オイン役竹内良太さんとは、初めてプリキュアを担当した『キラキラ プリキュアアラモード』でのゲスト悪役をやっていただいて以来でしたが、少ない台詞でオインの存在感を十全に発揮していただきました。

初号試写のときに、水木プロの原口社長夫妻がいらしてて、以前どこかで原口さんが幼いときに見た「アンコールワットの亡霊」がすごく怖かったというのを読むか聞くかしていたもので、今回は怖くないです、と始まる前にお話させていただいたところ、あとで結構怖かったですよ、とおっしゃられてました。

今期のゲゲゲの鬼太郎での角銅の演出担当回、長谷川さんの脚本回はこれでおわり。
またどこかで組むこともあるでしょうか。
PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]