忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
2018/05/28 (Mon)
この三年間がデジモン関連画像が最も少なくなります。



デジモン画像2007

2007年はなんと進化歌のベスト盤2のみ。




デジモン画像2008

2008年はデジモンアドベンチャーのDVD−BOXの再販分のみ。
もともと東映アニメは販売用ビデオがVHSからDVDへの移行が遅めで、放映時にはDVDがなく02からだったため最初のボックスの2004年販売時にはかなりニーズがあったらしく三年でもう一度発売されたのですが、それでも放映時からはまだ7,8年。放映時子供だった人が自費で購入するにはまだ少し早かったようでブルーレイBOXの発売までお待ちいただくことになります。




デジモン画像2009

2009年はアイテム類はほぼなくゼボリューションのサントラのみ。
そのかわりというか、渋谷で10周年記念ライブが開かれました。放映当時の子供たちはライブに参加できるまでには成長してたのだなあと。公式なデジモン関連ライブは2003年のお台場以来で、次は1014年まで待つことになったのかな。

デジモンのアニメとしては2006年にデジモンセイバーズがあったものの、自分は不参加で、アドベンチャーはすっかり過去のものとなろうとしていたと多くの人が思っていたはずでした。
PR
2018/05/27 (Sun)
この辺からぐっとデジモン関連の画像が少なくなります。

デジモン画像2004

2004年は「DIGITAL MONSTER X-evolutionデジタルモンスターゼボリューション」のために何度か香港に行ってますが、年の半ば過ぎまでは公表されてないのでアイテムも海外のものが多く。
劉徳華アンディ・ラウのCD「夏日festa」は『デジモンアドベンチャー02』の主題歌『ターゲット〜赤い衝撃』の普通話(中国語)版「地球戦士」と広東語版「為我鼓掌」が収められているもの。デジモンのために香港に行くようになってちょうど『無間道 インファナル・アフェア』や『HERO』が公開され香港映画にドハマリしたところで劉徳華が主題歌歌ってくれていたとはと嬉しくなって町田の輸入CD屋まで買いに行ったもの。
もともとゲームのおまけに長編を三分割して3つのゲームを全部買うとストーリーが楽しめるフルCGデジモンアニメを作ろうという企画から始まったというゼボリューションが、意外にちゃんとしたものとして作ったのでまとめて公開できるようにしようということになり、スペシャル扱いでテレビで放映されたのが2005年はじめ。


デジモン画像2005

この年はデジモン関連画像はほぼこの作品のみに近くなりました。
もともとお話づくりとしてはアドベンチャーから02にかけて思うところはほぼやり尽くしたあとで、その後テイマーズ、フロンティアと各話演出として入っていたものの、アドベンチャーのときにデジモンのキャラはバンダイ、ウィズからもらったものに人間のキャラとお話は全くこちらサイド手動で作っていたので、一度デジモン開発元の考えるお話をやってみたかったと言うのにちょうどよく来たのがこの話。物語やセリフにはほぼかかわらず(一部キャラの変更のみお願いしましたが)いかにデジモンたちをフルCGでかっこよく見せられるかと言うことに徹したものでした。普段の作画アニメと違いカメラワークを自由にできるフルCGでの演出は実に楽しいもので、今でも自作品の中でアクション場面はこの作品が一番良く出来たのではないかと思ってます。

香港の人たちに作業してもらいやすくするため、劇中の全セリフを男女二人ですべて演じてもらいその口の動きが見える映像を送ったりしました。その女性の方が菊池こころさんで、本番アフレコの際にもコクワモンXを演じてもらい、後に『クロスウォーズ』やアプモンにも出演されてたのはご存知のとおり。



デジモン画像2006

2006年は『デジモンアドベンチャー02』のDVD-boxが出てます。ほかCDのベスト盤くらい。
が、8月1日にお台場に行ってみると、ファンの人達の姿は増えているようなのでした。


追記

前日に書くと書いてた、西澤さんのこと書き忘れてた。
今やデジモン界では超進化魂の開発担当、ターゲット西澤として有名なわけですが、ターゲットは02の主題歌からなんでしょうかね、聞きそびれたまま。
先に書いたようにゼボリューションの製作後半は一緒に香港に行きまして。そのとき香港で有名なおもちゃ屋に行きたいと言うので同行すると、これ日本で売ってないんですよと海外の超変形おもちゃをドカッと買い込んでました。あれが今の超進化魂につながってるのだなあ。
そういう自分もそのころはトランスフォーマーギャラクシーフォースに関わっていたのですがそれはまた別の話。
2018/05/26 (Sat)
この辺から画像が少なくなるので数年分まとめていきますが、年度ごとにフォルダは分けてあります。

デジモン画像2002

2002年はテイマーズからフロンティアへの切り替え。打ち上げ画像なども。

デジモン画像2003

2003年春にはフロンティアだけでなくアドベンチャー、02,テイマーズ合同の打ち上げが行われました。


このとき、デジモンがウルトラマンや仮面ライダーのように長く続くといいなと思います、10年後20年後にまたお会いしましょう、のようなことを言ったのですが、まさかほんとにそうなるとは。

もうデジモンで作業することもないかなと思ってた8月1日、なんとなくお台場に行ってみたらコスプレした人たちもいました。

で、その後わりとすぐ成田空港からデジモンデザイナーの渡辺けんじさん、当時のバンダイの担当者で今や声優のボルケーノ太田さんと香港へ。
『デジタルモンスター ゼボリューション』のCG会社との最初の打ち合わせでした。
このあと翌年には何回も香港に行くことになり、そのころバンダイの担当者がいま超進化魂の担当の西澤さんだったりするのですが、それはまた明日。

2018/05/25 (Fri)


デジモン画像2001


この年のものから撮影した元画像でなくてウェブサイト『錆びた館』の日替わり日記の画像となります。なので、解像度は低くなり中には見づらいものもあるかと思いますがご容赦ください。
ファイル名はその日替わり日記の掲載日となってるので、途中からデジモンアドベンチャーからテイマーズへ移り変わっていくのもわかるかと思います。

追記

ウェブサイトに上げた画像だけだど物足りなかったのでグッズ単体画像や超進化ワールドなども追加しました。

ついでに、デジモンアドベンチャーと02合同打ち上げでこんなことも行われました。

自分の断髪式。最初に藤田淑子さんにはさみ入れてもらったら思い切り切られました。
2018/05/24 (Thu)
昨日の続きです。


デジモン画像2000

2000年は年頭からデジモングッズ取り扱ったし海外物もいろいろいただいたということもあり、かなりの量となってしまいました。超進化ワールドって、サンシャインでやってたんだっけかな。ジャンプフェスでの大仕掛けなショウ舞台も印象深い。なにげに当時の光が丘、三田、京都に自費ロケハンした時の画像にまじって団体バスと富士近辺の写真もありますがスタッフ・キャストで旅行に行ったときのもの。ブラックウォーグレイモン編のロケハンも兼ねてたわけです。デジモンアドベンチャー一年目から02への切り替え時に打ち入り打ち上げ兼用パーティもあったのですが人が写ってるのでその手の画像はお見せ出来なくて残念。唯一人が二人写ってるのはデジモンテイマーズの貝澤シリーズディレクター、デジモンハリケーンの山内監督とフィリピン初のアニメフェスに呼ばれたときのもの。けっこう貴重品かも。
ワンフェスで見つけた光子郎がとても出来良かったのに高くて手が出ず。
デジモンではないのですが、ゲゲゲの鬼太郎第4期101話『言霊使いの罠』ゲストキャラ一刻堂のフィギュア売ってたのも発見しました。ええ、あの脚本・声の出演京極夏彦というあれですよ。

どっちも買っとけばよかったなあ。

<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]