忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89
2017/11/11 (Sat)

 

邦題は『戦狼』で2はつかないですが未公開の前作がありちゃんとした続編のよう。
冒頭から南アフリカ沖での海賊相手に一人で長回し(CG合成もありで)の大アクション。文字通り序の口。なんで元中国特殊部隊員が単身そんなとこにいるかの回想もアクション含み、港についてからは革命反乱軍とのドンパチ逃亡、そこから再度奥地に再潜入突撃脱出カーアクション、工場舞台に籠城撃退感染瀕死復活突入とまあ兎にも角にもいろんなアクションの釣瓶撃ち。クライマックスはガルパンもかくやという戦車戦ですよ。狭い工場敷地内で。
多勢に無勢、何千人高の敵兵にこちらは監督兼主演の呉京だけの一人エクスペンダブルズかというと、一見冴えない工場の警固主任がしぶとい老兵で、ボンボン育ちの生意気なだけの若造工場長がちゃんと成長したりとベタな作りをてらいもなくやっててそういうのは結構好き。
国状で反乱軍といえどもその後のことを考えると中国人は簡単に攻撃できないとか、
最終的に人民解放軍は頼りになるというのはプロパガンダでいやという人もいるでしょうが、米軍が背後についてる映画とやってることそんな変わんないんじゃないかなあ。
ちょっと羨ましかったのはエンディングクレジット終わりの「中国人海外渡航者の皆さん、身に危険を感じたらいつでも中国大使館へ。全力で守ります」みたいな文面。、どこまでホントかはともかく、そう堂々といえるのはいいんじゃないかなと。

PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]