忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32
2017/09/15 (Fri)

舞台が原作とか。侵略のために地球人の知識、その概念を収集する、中身が宇宙人の人々というのはいかにもそんな感じの設定かと。変にSFめいた小道具使わなくて言葉のやり取りとリアクションで進められるからね。結末の落とし所もまあそうかなという、舞台ならうまく成立しそうな気がするものが、映画だとちょっとなんか違和感が。
侵略者の外見は人間だけどどこか心がない様子を三人が好演、特に松田龍平はそうとしか見えない。このテンションの低さが黒沢映画とよく合いますね。
そう、黒沢映画らしさは十分に堪能できます、照明だけでどんなことができるかとか、一箇所でカメラが動き人が動くことでどんなに構図の変化が生まれるかとか、見世物としての映画のケレン、アクション映画のパロディとも思えるくらいの長回し活劇とか。ためらいない暴力って二兎がやると狂気的な恐怖だけど宇宙人ならあたりまえだし。
実は監督自身が人としての心に何かないものがあってあの結末をまるで信じてなんかないんじゃないかと言う気にもさせられるのです。それで何か感銘受ける人達は勝手に受けて、自分の興味はそこには本当はない、というような。どうすかね。
PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]