忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6
2019/01/28 (Mon)
以前東京では新宿で開催されてたマンタムさんのワークショップ、そちらはもうないらしいのですが、横浜でも前から開かれてるのでした。というわけで行ってきましたが

中華街のホントにお店の間の路地を抜けて奥へ、更に角を曲がりやっと入り口。

中ではマンタムさんと受講生の方お一人が作業中。底の素材で一品作りましたが、ちょっと汚れ落としたりしないといけないので、これが何なのかは後日。

もうひと品、これは以前瞳硝子さんから頂いた握り手に蝙蝠ついたステッキに、ストラップつけてきました。すごい使いやすくなった。唯一の難点は持って歩くとどうも怪しく見えるらしいといいうこと。
PR
2019/01/02 (Wed)

紅白のあと、Eテレ2355スペシャルが終わってから、今年はご近所の神社に初詣。

おみくじひいたら「吉」でした。
これが大吉に続くもので小吉の上の場合と、小吉などの下、末吉よりは上の場合とあるようで、この神社がどちらなのか聞いてくればよかったかなと思うものの、だいたい運勢はいいみたい。
みなさまもいい年でありますように。
2019年
2019/01/01 (Tue)
おけましておめでとうございます。
昨年はいろいろありましたが、
今年はいいことのある年でありますように。

2018/11/10 (Sat)
帰省は法事のためだったのですが、実家はすでに人に貸してるので宿取ろうとしたら、なんとも取りにくい。黒崎駅前に結構な数あるホテルが軒並みだめ。喫煙を選んでるせいもあるとはいえ。


なんでかと思えば、どうやら起業祭のせいらしい。起業祭とはなんぞやとお思いでしょう、北九州市の外にほとんど知られてないんだろなあ、かつての官営からの八幡製鐵、今の新日本製鐵の起業を記念してのお祭り。ではなく、殉職者慰霊祭から始まったのだそうです。昔は仏教と神道一年交代で慰霊法要みたいのをやってたのだそうで。
その発祥はともかく、市民数十万人が集う大お祭り。沿道に長々と屋台が並び、芸人を呼び、いくつかのステージでイベント盛りだくさん。

あまりの人出の多さに、赤ちゃん背負って参加した母親が帰宅してから気がつくと背中の赤ちゃんが圧死してたということもあったそうで。
前に起業祭見たのがもう三十年前。昔はすごかったけど、鉄冷えの街と言われるようになってから数十年、いまはそれほどじゃあ…と侮ってたのが間違い。たしかにそれは往年ほどのことはないとはいえ、50万人の板橋区民まつりより数倍規模大きいわけでした。
くじや当て物の屋台が多いのも特徴。射的だけでも2つあったし。

もちろん食べ物の方が多いし、屋台以外にも物産展みたいのとかキッチンカー広場まであってそれはいろいろ食べました。普通に東京の祭りでも見そうな屋台でも値段が半分くらいだしなあ。
来年はどうしようかなあ、今でも製鉄所の見学やってるのかなあ、だったら見たい気もする。
2018/10/23 (Tue)
とっとと玩具館三隣亡in松山萬翠荘の展示の紹介記事に行きたいところですがものには順番というものもあるので数日お待ち下さい。

先週土日は恒例板橋区民まつり。雨に見舞われることも結構多いこのイベント、今回は見事に快晴で。

美味しいものいくらかいただきました。あおさの味噌汁、角煮バーガー、子持ち鮎の塩焼きに鮎飯、ええとなんかの汁。

腹がくちたとこで板橋プロレスのリングもあるのに気がついたのですが、開演三時からとはああ残念、その頃は成田空港にいなければならなかったのです。ちゃんと見る縁が少ないなあ板橋プロレス。またどこかで。
<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]