忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4
2017/12/16 (Sat)
基本ここは画像つき日記なのですが、今回は画像ありません。
まずTwitterで娘さんによる訃報が流れてきました。
東映アニメーションがかなり久しぶりに新人を研修生として募集したときに演出として合格しながら、当時女性の演出家はあまり例がないことから脚本家への道を進められたと聞いています。
その後の業績については特に説明不要でしょう。年は同じなのですが、業界に入ったのは島田さんのほうが二年早く、女性のという枠でなくアニメ脚本家として質量ともに大変素晴らしいレベルのものばかり。
一期の研修生の人たちはみな仲がよく、集まったりもしてたようなのですが、こちらはそういう場に行き合わせることもないまま実際に脚本を眼にしたのは『るろうに剣心』の絵コンテを担当したとき。シリーズ中六本の島田脚本を絵コンテにする機会に恵まれました。
Twitterで三本と書いたけど総数は間違い、訂正しておきます。
理由は色々あるのだけど特に書きませんが、島田さんの脚本は大変絵コンテにしやすい。無論その物語が要求するレベルも高いのでそこは苦心するところですが、どんな有名な脚本家でもありがちな実際に映像にしたときに生じる無理のようなものがほとんどなくて、そこのつじつま合わせという無駄な苦労をした覚えがなく、ドラマをいかに演出するかに集中できるのです。
るろ剣で担当した十数本の絵コンテのうち、自分の担当回のベスト3である鵜堂刃衛戦ラスト、宗次郎の過去話、安慈の話、どれも島田さんの脚本でした。
絵コンテだけでなく演出までとなると、ぐっと最近の『金田一少年の事件簿R』での三本となります。こちらもまたミステリであるだけにちょっとした台詞や行動、漫画原作から映像にする際の再構成で注意しなければならないことが多いはずなのですが、脚本でその無理を感じたことがありません。人物の感情や伏線、謎解きといったものに集中できました。
どちらの作品でも製作中にお会いしたことはなかったし、ひょっとしたら打ち上げには来られてたのかもしれないのですが、そしてそういう会の何処かで遠目にお見かけしたことはあったのですが、実際にお話することがありませんでした。ずっと近いような作品に携わっておられるし、どこかでそういう機会もあるだろうと思ってたんですが。全く残念でなりません。
今まで素晴らしい作品、お仕事をありがとうございました。




PR
2017/11/25 (Sat)
2017/11/26放映予定第41話「夢はキラ☆ピカ無限大!」

長い眠りから覚めて晴れてシエルのもとへ戻ることできたピカリオでしたが、邪悪の目はそこを狙ってきたのです……


というわけで今回はシエルこと妖精キラリンとその双子の兄弟ピカリオのお話。
前回担当した33話も敵方だったビブリーがこちら側に来て直後のお話でしたねえ。
何かそういう縁なのか、縁といえば敵方のグレイブの声担当の江川央生さんとはわりに色んな番組でご一緒させていただいてたのに33話で一声だけで今回はもういなく。のこったエリシオ、平川大輔さんと江川さんとはかつて『トランスフォーマーギャラクシーフォース』でご一緒させていただき、平川さんとはそれ以来。もちろんふたりとも変形する役でしたよ。だからというわけでもないですが今回はエリシオがなんと!
っと、見てのお楽しみ。

ところで縁ということではもう一つ。
上の画像、アフレコ台本の横にあるのはこの日のための特製ゆかり様ファンクラブお面でして。
ちょうどこのアフレコの週がキュアマカロン琴爪ゆかり役藤田咲さんのお誕生日のある週なのでした。途中休憩後の藤田さんをお迎えするゆかり様ファンクラブの一同

この時の藤田さんのブログはこちら。

http://yaplog.jp/saki-ohana/archive/6474

33話のときもキュアカスタード有栖川ひまり役福原遥さんのお誕生週だったし。
一年のうち二本しか担当してないのに両方誕生回に当たるというのもなかなかないことであったと思います。あともう一、二本担当したかったなあ。

さて実はこの週はべつの日にデジモンテイマーズBlu-ray BOXの初回特典CDドラマの収録も行われ、昨日そのタイトル、キャストが発表されたように藤田さんが友情出演。テイマーズもプリアラも監督(シリーズディレクター)は貝澤さんでの参加演出という立場で続けてお仕事するのもこれまたなかなかないことであったのですが、テイマーズの話題はまた後日。
2017/10/18 (Wed)


ちと遅刻気味でいったけどなんとか座れたイベント。
高橋良輔監督の高校出て丸紅入社、夜間は大学に通ってからの虫プロへ、サンライズ時代のレイズナーあたりまで。

この場所は以前日本アニメーション協会の勉強Bu会でやはり高橋監督のお話を伺うという会を開いたことがあり、三分でわかる高橋良輔作品というお仕事紹介映像も作ってその量と質に圧倒されたものでしたが今回はちょっとくだけた雰囲気もあり前には聞いたこともないようなエピソード多くて、大爆笑もしばしば。楽しい会でございました。いろいろあっても引き込まれるのは監督の人柄かと。
2017/09/23 (Sat)
2017/09/24放映予定第33話「スイーツがキケン!?復活、闇のアニマル!」



今年前半の仕事『タイガーマスクW』が夏前に終わって秋からこちらの番組におります。シリーズ初参加。内容の把握も大変。アフレコではタイガーとの配役の男女比の逆転にとまどいつつも男性陣はだいたいどこかでお仕事したことある人多くすごくお久しぶりな人もいて、それより主役陣が達者で助かりました。この枠でずっとやってた作画監督の河野さんたち作画陣とももうかなり久しぶり。『スーパービックリマン』とか以来かな?
放映日はちょうどキュアショコラ剣城あきらの誕生日のようですがアフレコ時はキュアカスタード有栖川ひまり役の福原遥さんの誕生日近かったとかで収録後御祝いを。プリンの被り物してます。まだ19歳とは。それいうとキュアホイップ宇佐美いちか役美山加恋さんもまだ二十歳とは思えない上手さ。『ラーメン大好き小泉さん』の頃はほんとに高校生だったんだなあ。あ、この数日ラーメン続けて食べてたのはそのせいか。んなこたないか。
ともあれいろいろお楽しみに。
2017/09/06 (Wed)

バンダイ魂ネイションから発売中のタイガーマスクWよりタイガーマスク、、タイガー・ザ・ダーク入手しました。
すごく可動性高くていいポーズできるんですが今やってる暇ないんで5月の展示会でとった画像を。

もう一丁



かっこええっす。マントを布製にもしてみたい。
<< 前のページ■ HOME ■ 



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]