忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[828] [827] [826] [825] [824] [823] [822] [821] [820] [819] [818
2019/11/08 (Fri)
池袋にできたIMAX、ビルの12階まで登るとこんなフロア。

食事しながらゆったり待てるラウンジで、いくつかのメニューは上映館内に持込可能。
そこで見てきたのが『IT』の完結編でした。

でかいIMAXのスクリーンはいいなあ。
今風のアレンジも施してはあるけど、だいたい原作のかんじをいかしたもの。
各所に登場するモンスターは往年の名怪物から名前のつけられてないようなオリジナルになってますけどね。今あれを原作のままやられても怖いと言うより面白いだけのものになるだろうし。
スタンやエディの役割もそのまま。特にスタンはどうかするといじってしまいそうになりがちな気がするんですが、やはり変えられないんだなあ。最後に付け加えられた場面がいい。
最後の決戦も、原作90年台映画版とも大体はあんな感じですよねえ。拍子抜けな部分もあるのだけど、じゃあどうするのがいいのかと言うと。むつかしいなあ。

映画としてちゃんとして見えるのは、7人の登場人物たちの友情とか絆とかそのまま青春物になりそうな部分がきちんと出来てるからで、もちろんホラー部分も容赦なく畳み掛けてくるのでバランス良く出来てるのだけど、そういう人間物語の部分を抜かして怖いだけで成立させることはできないものなのかしらんてなことも考えてました。単純にバッドエンドにすればそうなるというものでもないだろしなあ。

ところで、あの怖いピエロ、吹き替えは多田野曜平さんで、大人になったビルは細谷佳正さんだそうで。スター☆トウィンクルプリキュアでは遼じい、カッパードと敵味方が逆転してる組み合わせなのが面白く、吹き替えでも見てみたいところ。舞台挨拶もあるようですよ。多田野さんとは同じ北九州市出身なのでアフレコの合間にお話させていただくときはあっちの言葉でだったりするんですよ、北九州市の観光大使も勤めてられてて、今度の日曜には神田の北九州観光イベントに登場されるらしいのですが、こちら別件で行けなくて残念。

もうひとつ、前からいかにデジモンアドベンチャーが『IT』を原型の一つにしてるかは何度も書いたり答えたりしてるんだけど、子供時代と02最終回の25,6年後というのもその要素の一つで、製作時はわかりやすいように同じキング原作でも『スタンド・バイ・ミー』を例にして言ってて、それだとそのうちの一人は死んでるのが通例だよねという意見もあり。まあでもそうしなくてよかったなあと思うわけです。




PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]