忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[407] [406] [405] [404] [403] [402] [401] [400] [399] [398] [397
2018/09/15 (Sat)
そろそろ公開終わりそうでやべーなと見てきました。

誰でも言ってるように話どーでもいいアクションてんこ盛りの連続。
とりあえずアクション撮影して脚本やつながりはあとからというのもホントだろなあと思わせられるくらい。途中、主人公たちの目的は何だったのかほんとに忘れてましたしかも一回でない。
アクションそのものというよりそれをいつまでも続けられるというかしつこいというか、そろそろこのシチュエーションなら決着つくよなというタイミングからまだ三回転くらいしていくわけで、よくもまあこんなに続けられるものとそこに感心するばかり。
むかし、東映動画で月岡貞夫さんたちがギャグを考えたり続けようとしたけど、とてもテックス・アヴェリーのように続けることはできなかった、あれは肉食系の人でないと無理。という話思い出しました。ギャグとアクションは似てるのですね。成龍ジャッキー・チェン見ればわかるか。
と、そこまではいいのだけど、見たのが吹き替え版。トム・クルーズ森川さんはじめレギュラーの人たちがとてもうまいだけに、ゲスト声の出演の二人があまりに駄目に聞こえて。それぞれ顔出しで出てるときは嫌いでないどころか割と好きな方だと思うのに、こういうのきっかけに嫌いになることもあるんじゃないかなあ。
PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]