忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13
2017/08/27 (Sun)


先に『シビル・ウォー』で登場してるからそもそもなぜ超人になれたのかとかの過程ふっ飛ばしていけるというメリットはあったにしろ、時間少し巻き戻して始めるという選択肢は捨ててその後のスパイダーマンの活躍、ピーター・パーカーの正調を描くことに徹して結果としては大正解。富豪のアイアンマンによって間接的に職を奪われそうになった中小企業の社長という敵役の設定の巧みさとその役を元バットマンのマイケル・キートンに振って、またそれを受けてしまうところも双方すごい。木枯し紋次郎の対抗番組として始まった必殺シリーズに中村敦夫が出てくるみたい。主人公がわりあい普通の子供であるという点が重要で、そのため学校生活もよく描けてて白人以外の方が多くてというのがアメリカの現状を政治的な批判も含めて描きそれがクライマックス前の驚きにつながるというのも鮮やか。とまあこのへんは誰でも言ってるところですわね。個人的にはこれまでのスパイダーマンそれぞれ好きなんだけど、主人公に重い枷を架したがゆえに返信活躍中にあんなに饒舌なのは違和感あったのが今回のはすごく素直に見られまして。「座ってる人」死亡の友だちがいるのもすごい有効。孤独を抱え込みすぎたりしなくていいし、この歳の子にあまりに重圧与えすぎなくてなおかつ乗り越えなければならない物は頑然と立ちはだかると言うバランス。脚本上のいいところはキリがないですが演出、特に前半の学園生活の快調なテンポとちょっとした顔の向きや目線を使ってのシーンつなぎなどがうまくて好みで、映画の(脚本や役者や道具立て以外の映像としての)楽しさはこの辺ですよねえ。
PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]