忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[629] [628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620] [619
2019/04/24 (Wed)
子供が精神そのままで魔法の力で大人の身体のスーパーヒーローに、くらいの前知識で鑑賞。

暗めシリアスめなDCコミック映画系列のなかでは笑えて明るいとの触れ込みだったので、マーベルでの『デッドプール』『アントマン』あるいは『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』みたいなキャラクターあるいは軽いノリかと思ったのですが、そりゃまあ子ども(15歳)はたしかにそれくらいぽさで行動するしギャグも多いものの、幼い頃母親とはぐれ里子を転々としてたバックボーンはそんなに軽いわけじゃない。
ネタバレしないように書くと後半ある謎が明らかになり主人公が自分の家族は何かを悟りその家族が役割が一変するところ、泣きそうになりました。コミック原作系映画でも一番泣ける場面だったなあ。普通の人たちが立ち向かうというのに弱い。
時間の都合などもあり、菅田将暉が売りの吹替版をみたんですが、本人の演技はもちろん心配ないもの。どころか、その元の姿の少年役の方は緒方恵美。ほかもちゃんとした人たちのキャスティングで、なんでこれもっと売りにできないのかなあ。公式サイトでもわからないし。
続編の計画ではロック様も出るんだそうで。楽しみ楽しみ。ていうか、バットマンやスーパーマンとも共演あるのかしらね?
PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]