忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219
2018/03/21 (Wed)


娘を殺されたのに半年以上進展捜査がしないのに苛立った母親が道路脇の看板に借り賃を払いどうなってるのか署長、と出した。
映画は看板の管理会社を母親が訪れたところか始まり、その向かいが警察。
南部で白人ばかりの警察官は黒人をいたぶることしかしない。
署長は実は末期がんで波風立てたくなかった。
若い奥さんと幼い子供がいる。
娘をなくした母は息子と二人暮らし。
夫は若い女と暮らしてる。
友だちと遊びに行くから車貸してと言われたのにタクシー代出すと揉めてでていってそれきりだった。
看板が町に波紋呼ぶ。
テレビの取材も来る。嫌がらせもある。変な客も来る。
色んな人が思わぬところで交錯するようになる。
かといって、あれよあれよと思うほど大きな変化があるでもなく、全体としてはわりと淡々と日常が過ぎていくとこが面白いかも。
似たような感触を全く別の映画で感じた気もするがそれが何だったのかは思い出せず。
PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]