忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[881] [880] [879] [878] [877] [876] [875] [874] [873] [872] [871
2019/12/29 (Sun)

ちょうど大学に入る年に第一作が公開されてからの長い付き合い、完結編ということでああ終わっちゃった。という感慨が。
となるかと思えばそうでもなかった。
始まりから最後まで各場面は面白く見られました。何人かの新しいキャラクターもいい感じ。
でも最終的にあれそんな小さい関係の話でまとめるの、に、どうしてもがっかり感。
ルーカスの本来の構想ならどうなってたんだろうと思わずにはいられない。
EP1〜3、好きなんですよ。各EPごとに世界の広がりや驚きがあって。
見た目はシンプルなEP4を生み出すためのバックグラウンドとして大まかには構想してたんだろなあ、本人の原案だからできたことだったんだなあ。そこにあるのは銀河全体のなりゆきとジェダイの役割であって、スカイウォーカーの血筋にこだわる話ではなかったんでは。
その1〜3でも賛否両論でルーカスが非難されるのにやんなるのはわかんないでもない。
でも本人が生きててその構想があるのなら続編を作る人達はどういう根拠でそれ以外のものをつくるという選択をしちゃったんだろなあ。

それでも7〜9はすごくSWを好きな人達が作ったんだということは伝わるのでそこは好感触。好きでもない人が作った続編なんて意味ないですからね。通して主人公のレイはすごくよかった。フィンはなんか惜しかった気が。カイロ・レンやボーは旧作の形骸のために配置された感が否めないままだった。拡大再生産感がつよい7,9よりもちょッとはみ出しかけた8が好きかな。先日テレビで見返したら終盤のビジュアルはやはりいいですよ。
でも。
やっぱり自分の中ではこれはSWの続編だったとはあまり思えないまま。公式二次創作ではあるけど。それならそれで、ラストにクワイ=ガン・ジンやオビ=ワンが出てきたりしてくれたらお祭りとしてまとまりを楽しめた気がします。
あーそうなんだよ、なんとなく1〜3のことをあまり拾わないようにしてた気がするねえ7〜9。



PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]