忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[512] [511] [510] [509] [508] [507] [506] [505] [504] [503] [502
2018/12/29 (Sat)


最初に名前を覚えたのは国産アニメで「遊星少年パピイ」「遊星仮面』輸入アニメでは「トムとジェリー」「キングコング」。あるいは東映まんがまつりの「アンデルセン物語」「長靴をはいた猫」そして「ムーミン」「どろろ」では主題歌の歌手としてずっとその名前を目にしていました。
自分が最初に東映動画(当時)で仕事に入ったのが「パタリロ」劇場版の制作進行で、幸運なことにアフレコも見に行けて、マライヒ役の藤田さんを見ることもできました。
演出になってから間もない頃に「新ビックリマン」ピアマルコ役、このときにいろんなことを教わりました。特に、マルコが会ったことのない母に思いをはせる回を担当したのですが、その直前に藤田さんのお母様が亡くなられたばかり。そんなことは微塵も感じさせない、プロの仕事でした。新人演出だったけど、アフレコ後の飲み会でも楽しく過ごさせていただきました。
「ダイの大冒険」打ち上げは現在ロフトブラスワンとなってる新宿歌舞伎町地下のパブ。共演の冨永みーなさんとザ・ピーナッツを歌われたのがもう最高の思い出。「地獄先生ぬ~べ~」でもお世話になり、「デジモンアドベンチャー」の八神太一は藤田さんしか考えられませんでした。他の役はすべてオーディションで、藤田さんとのバランスで考えました。その打ち上げで、アグモンの坂本千夏さんと、前に共演されてた「キャッツアイ」の主題歌歌ってくださったのもすごく楽しい思い出で。あまりアニメの歌を歌われることはなかったとのことですがそのときは気分いいから歌っちゃおうかな、のようなことで「一休さん」も歌われたり。
そのときにリクエストしたいけど遠慮してたのがあるんですよ。「デジモンアドベンチャー」は、子供の頃からその頃までに自分が見たり聞いたり読んだりした面白いものすべてをできるだけ入れてみよう、としたシリーズでしたが、(参照「錆びた館」本館当時の予告頁)一つだけ入れなかった作品があります。「どろろ」これは原作もアニメも好きすぎて、リスペクト要素だけを抽出することができずどうしても入れられなかった。その主題歌も、一度でいいからぜひとも生で聞いてみたかったのが、言い出せずじまいでした。
何しろ自分が子供の頃から目にし、聞いていた声なのでずっとお姉さんだと思っていたのが、じつはそんなに年が違うわけでなないと改めて知ったのも番組が終わる頃。その頃にやっと普通に色んな話もできるようになり、「トムとジェリー」のころはまだ中学生だったと聞いて驚いたりしてたのです。
最後にお会いしたのが「デジモンクロスウォーズ」最終回近くの歴代主人公が揃う回と、PSP版「デジモンアドベンチャー」の収録の頃かな。放映当時のように声が出てないんじゃないかと心配されてたようですが、そんなこと全然なくて大丈夫だったじゃないですか。
いろんなアニメ作品、あるいは洋画や海外ドラマの吹き替えの多数の作品の中でも、太一が藤田さんの最後の主役作品となったのかな、それにふさわしい作品になってたとしたらほんとに藤田さんのおかげです。
本当にありがとうございました。
PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]