忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5
2018/03/22 (Thu)
学生時代からだからもう35年かもっと使ってたテーブルと椅子のセット。その椅子がかなりガタが来て(テーブルも脚はガタついてるけど円形のテーブル面本体はまだぜんぜん大丈夫)四脚のうち二脚は前に買い替えたものの残りももうあかんので新調しよう、いつがいいかなあと思ってたところに前のを買った合羽橋で何かイベントみたいのやるというではありませんか。これはいい機会と出掛けました。

合羽橋はなぜか仏壇屋さんも多い。すごく古いとこのすぐ近くにやたらモダンなのも。
 
業務用調理道具を多く扱う合羽橋商店街、飲食業系用の制服もたくさんあります。

前のときもらった名刺あてに歩いても家具屋が見つからない。春の感謝祭はやってるなあ。あれ、このイベント会場が前買った家具屋だったところでは。
どうやら廃業した後がイベント会場にちょうどいいとやってたみたいです合羽橋春の感謝祭。

これも縁かと中を覗きました。外からも見える団子自動串刺し機。これが予想外の機構。出来上がってる丸い団子を並べて串をさすのかと思ってたら、トレイから一本ずつ送り出される串の廻りに団子の元を練りだして、丸く整形するというもの。なるほどなあ。できたての団子、美味しゅうございました。

商店街の他の家具屋さんで似たような椅子見つけ、なんとか目当ての買い物は無事すみました。

PR
2018/03/06 (Tue)
日にち前後しますが土曜に鬼太郎茶屋おとずれるため深大寺に行ったらだるま市で賑わってたところ。

奥の蕎麦屋さんが並ぶあたりでは蕎麦を使ったいろんなものが売られてまして、その一つがこのそばバーガー。パンズに蕎麦を挟んであるのではなく、丸く固めた蕎麦に具を挟んだもの。

具はキツネ、タヌキ、炙りチャーシューから選べてこのときは昼食から間もない時だったので軽めかなとキツネを。
最初の食感は蕎麦。ほぐれては来ますが丸く固まってるところはなんというかチキンラーメン的な。ちゃんと奥まで食べられる程度には柔らかいですよ。で、喉越しは
ええとこれは
ああ、ガレット。そう言えばあれもそば粉。
具の、出汁を染み込ませた油揚げとの相性もよく。もともと悪いわけがないですわなあ。
また行ったときにも売ってたら他の具も試してみたいかと。


ついでに『ゲゲゲの鬼太郎』のための資料写真とってまわってたときの一枚。
撮影時には気が付かなったんですが

太陽の大周りに光の輪があるのが見えますでしょうか。

2018/02/13 (Tue)
工事中に発見されたと話題の浅草凌雲閣いわゆる十二階のあとというか基礎の部分。
無理に見に行くほどの縁はないかなーと思ってたら、出かけた他の用事が意外に早めに終わり、日が落ちるまでに間に合いそうだったので行ってみました。

現地には見学の人たちが。

工事で掘り起こされた面積はたしかにそれほど広くない。
なるほどあそこに見えるのがその凌雲閣の基礎部分。

土の中から赤いものがこぼれ落ちてるさまは何やら異様な気もしましたね。

あ、縁がないと書いたけど、かなり前に大正の浅草を舞台の実写映画の企画ちょっと手伝ったこともあったな。結局ポシャったんだった。
大雪
2018/01/23 (Tue)
昼前から降ってた雪が夜にはもうドカ積り。

こういう日に限って早く帰れない仕事で、10時には東映のスタジオ出たのに池袋埼京線などは入場規制もあるらしいからと東上線行のバスに乗ったら途中でわけの分からない渋滞でにっちもさっちも動かず。仕方なく成増まで歩きなんとか東上線、最終に間に合ったどころかまだ一時間以上遅延してるみたいでしたがともかく通常の3倍くらいの時間でなんとか帰りつきましたとさ。
2018/01/08 (Mon)
都営地下鉄三田線の区役所前の駅から仲宿の商店街に入る脇道、むしろ駅からは斜めの道を通るとその前に出る、と言ってもわかりにくいですがまあそのちょと袋小路にも見えるところにある古〜い洋食店、何しろ昭和45年からだったそうですがいまは灯が落とされてて。


が、新店がすでに開店済み。富士街道沿いわりと人通りのあるところ。

ちょっと間口狭くなってる気もしますが店内どんな感じかな。
まだ入店の機会がないのですが多分前のメニューを引き継いでるはず、安くて美味しくてちょっと量がある昔ながらの洋食屋の味。いつ行けるか楽しみ。

<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]