忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
2020/03/03 (Tue)
時々買いに行く板橋大山の肉まん専門店高野。
駅からもちょっと離れた小さな、ほぼテイクアウト専門の店ですが店名にもなってる料理長がもと目黒雅叙園の料理長だったのでもう肉まんも何種類もある餡饅もとても美味しくて大ファンなんですが、肉まん専門店といいながらシュウマイや唐揚げなどのお惣菜もありそれがまた美味しい。

その二号店が成増にできたというのはちょっと前に知ってました。
たしか先日閉店した老舗の洋食店チャイムのあるビル。その一階。
うちからは遠いですが大泉学園の東映アニメーションからの帰りにはちょうどいい。
大山には間に合わなくてもここで肉まん買えれば問題なし。
と、おもいつつも開いてそうな時間に帰れず。昨日もちょっと遅くなっちゃったなあ、もっと早く帰れるときでないとなあ。ああ場所はやはりここか。駅から近くて便利なとこ。

店の上に突き出した肉まんの看板もいいなあ。
と、シャッターに張り紙、近づいてよく見てみると。

なんと!午後二時半には完売とは!こちゃあなかなかここで買える日は近くなさそうだ。

PR
2020/02/20 (Thu)
大泉学園駅の近くには百均ありますが、東映アニメーション大泉スタジオ近くにはないんですよねえ。駅との中間くらいにあったこの店は大変重宝してたのに

閉店のお知らせの紙が。
バレンタインまでと書いてあって、数日後見てみると


もう改装中でした。次は何になるのかなあ。百均でないことは多分確実なんで、ほんと不便。
2019/11/21 (Thu)
大阪、天王寺で一泊し午前中はあるいてすぐそこの通天閣へ。

周囲の様子も相変わらずな感じで何より。

最後に大阪らしい食べ物をということで、新大阪駅で焼きそばとお好み焼きハーフ&ハーフ定食食べました。


美味しく満足!

今回の帰省で唐戸市場、小倉城、万博公園、通天閣と、ドラクエウォークのご当地クエスト4箇所もまわれてしまいました。次はどこに行けるかなあ。
2019/11/20 (Wed)
いろんなもの展示販売イベント玩具館三隣亡で知り合ったRoyさんが地元大阪で店を開いたというのは聞いていたもののなかなか行く機会なかったのが、帰省の帰りならちょうどいいと行ってきました。
大阪でもかなり南部の、東部市場駅という聞いたこともないところで降りてまた何もなさそうな町を歩くこと約10分。グーグルマップによればこの辺のはず、というところに看板も出てないという不親切具合。何気ない家から時折萌え聞こえる笑い声に聞き覚えがあり戸を開けてみれば内部は別世界でした。

内装もすべてRoyさんによる手作り。三隣亡では空間演出担当でしたからねえ。
先にいらしてたお客さんもだいたい何かしら作ってられる方々で。
店の奥の暗いところにある階段を昇ると、なんと真っ赤な部屋。
ちょッと前にはここで岩井志麻子原作『ぼっけえ、きょうてえ』のお芝居を上演したりしたのだそうで。


更に三階もあり、青い部屋と黒い部屋が。いろんな展示ができそうですよ。
BARなのでもちろんアルコール類も豊富なのですが、それだけでも何種もある工芸茶をいただきました。砂時計がまたいい感じ。

おつまみにブルーチーズと蜂蜜。クラッカーに乗せて美味しくいただきました。
メニューやや不確定ではあるものの、食事もある程度できるようですよ。
次はいつ行けるかなあ。



2019/11/19 (Tue)
法事のための帰省でしたが、どうせ九州まで行ったのなら帰りに寄ってこようというのが大阪。
万博公園へ行き当時見て以来じゃないかなの太陽の塔を見ながら、小倉駅で買った東筑軒のかしわめしをいただきまして。

そのすぐ近くが国立民族博物館。今回の特別展は見たかったんですよ。
撮影場所が2つ指定されてたのでそこでだけ。

まあ良くも集めた世界中、古いも新しいものいろんな想像上の生き物たち、文献、絵画、彫刻などなど。人の想像力の奔放さと、地域を超えた普遍性、みたいなものがいろいろ考えさせられる展示でしたねえ。

帰る頃には日が暮れて、太陽の塔の背中が迫力。

前に回ると目が光ってる。この内部を見にまた来たいなあ。

そうそう、こちらが公園に入るときに岡山の妖怪小説家の人が出てくるところだったそうで。
すごく似てる人がいるけどまさかなあ、と声かけなかったとのこと。そりゃあそう思いますよねえ。
それにしてもニアミスの多い旅行だったな。


<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]