忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98
2017/11/19 (Sun)

言わずもがなのスティーブン・キング原作の再映画化。
元映画は二夜連続TVスペシャルだったと思うけど違ったかも、ともかく子供時代編と大人時代編を交互に描く原作とは違い子供時代、大人時代と二本に分けてたから今回も子供時代編だけで何の問題もなく。
見た日に書いたTwitter
1
『IT』もやっと見た。原作映画ともに当時見たきりで、いかにデジモンアドベンチャーがこれを下敷きにしてたか再確認。(ほぼ)7人のそれぞれ問題抱えた子どもの(ほぼ)ひと夏の冒険、デジモン02最終回の(ほぼ)27年後一人は作家になってるなどいろいろ。続く
2
『IT』続き (ほぼ)ラスボスがピエロなのは偶然と思ってたけど、意外と必然だったかもね。
同じくキング原作『ダークタワー』も予告かかってて、デジアド02で引用してたあれですよ。実は読んでないんだけどね!
3
『IT』感想ちゃんと書いてないじゃん。ホラーとはいえ怖いといよりいろいろ切ないほうが胸に来る映画。あー、劇場の多分原作知らない若い人たちはすごく怖かったみたいですが。あの尺でそれぞれのキャラちゃんと描きあまり上品文学風に流れなかったのがキングらしくてグー。エグいとこ容赦ないし。

これでだいたい言いたいこと書いてますが、デジモンアドベンチャーがリスペクトしたのは人数とか年代とかの要素よりもいかに各キャラがそれぞれに心に闇を抱え乗り越えていくかという部分のつもり。元の90年版映画も今回もそこはよく出来てて、違うのは怖いピエロ・ペニーワイズが不気味不穏いるだけで圧倒されるティム・カーリーから現代的なシャープな造形になったこととそれにともなってホラー演出もちゃんとやりつつもあまり尺かけないで(何しろ7人分怖い場面用意しなくちゃだから)ショッカー的演出も取り込んで、どのみちスレからしホラー好きには怖いより楽しめる方だからどちらでもかまわない、子どもたちが怖がるんだということが伝わりさえすればなんだけど、終演後の客席の反応見ると上記のように若い観客はちゃんと怖がってたみたいでそれはそれでよかったんじゃないかなあ。それに7人の子どもたちの紅一点ベヴァリーは今回かなーりかわいいですよ。
で、何年後かわからないけどとにかく大人編が楽しみ。
PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]