忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[946] [945] [944] [943] [942] [941] [940] [939] [938] [937] [936
2020/03/11 (Wed)
未体験ゾーンの映画たち2020最後のアジア系映画、なんとか見てこれました。

『マッハ!』『チョコレート・ファイター』の監督がタイのアイドルグループBNK48の子を主人公に(と言っても撮影時は加入前で、主人公はその姉のほうだけど)撮る映画がなんとクラスーなる首だけ女(首抜け女)族と妖魔封じ師の物語という、まあ前知識は特にないまま楽しんできまして。

呪われた血を持つ従姉妹姉妹の妹と、封じる修行を強制される姉がちゃんと学生生活も送っており、16歳というお年頃で、という葛藤がメインになるのか、それとも幽霊(ではないけど)を飼ってる怪しい団地?を舞台に『おろち』みたいになるのか。
と、思いきや首だけ女一族が襲ってくるあたりからあれよあれよと切ないホラーアクションに。
なーんとなく小中千昭・和哉兄弟の『VAMP』にも似たテイストかなあ、よく考えたら吸血妖怪ものであったし。

とはいえ『エクソシスト』がキリスト教のバックボーンないと怖くないように、今作も首だけ女妖怪の怖さが前提として共有できてないとなんとなくピンとこない部分がるのも確か。
筋立てについてはそうなんですが、下に部分的に緑に光る内臓ぶら下げた美女首がタイの夜の街をひゅんひゅうん飛んでくるビジュアルとか数々のホラー場面とかすごく楽しいですよ。もっともうわあとなるのは明るい学校の中でのカエルの解剖というのもすごいかも。
PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]