忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
2019/12/31 (Tue)
今年の怪談聞き納めはこちらでした。

何度か前を通ったことはあるけど入るのははじめてのゴールデン街劇場。
夜馬裕(ゴールデン街ホラーズ)といたこ28号の二人がたり。

狭いけど傾斜があって見やすい劇場内はびっしり満席。
二人というのもいいですね。
タイトルにそぐわぬ妖怪系の怪談ばかりも良かった。

おいてけ堀、手長足長、天狗、人魚、などなどちょッと長めの話が多いのもいい感じ。ぬらりひょんにいたってはふたりとも話があるという。最後は目目連で締め、でした。妖怪系の話は集めるのも難しい気もするので、語りて替えてでもまたどっかでやってほしいな。

来年もいい怪談会に出会えますように。
PR
2019/12/30 (Mon)

おなじみLIVEWIREのホラーアカデミアもう9回なんですねえ。
江戸怪談ということで、細かいことは実況まとめをご覧いただくほうがいいかと。

聞いてる方としては江戸怪談の特異性というよりは、現代怪談とも基本的には変わってないのだなあという気になりました。
次回は何やるのかなあ。楽しみ。
2019/12/17 (Tue)
SFおじさんたちの映画トークイベントから、深夜はこちらへ。

おなじみ怪談トークライブ。
二年前に一度見せたあるものの検証とか、怪談ラジオに寄せられた投稿の紹介とか少しありましたがメインは年パスの抽選、だったかなあ。

来年はたっぷり怪談やってくれるでしょうか。

2019/12/09 (Mon)

二部構成7時間位になる長丁場怪談トークイベント、今年は回数多かったですね。
今回も充実。
池袋のゲストはありがとうぁみ。UFO怪談から始まりひめゆりの塔や墓地の話、北海道の廃墟円形校舎でひとりかくれんぼしたときの映像、写ってたものは結構マジでは。

 
新宿でもその続きみたいな感じから。が、何故か中山さんのマイクだけつながらない。
硫黄島や自衛隊の話、ぁみさんのバイト時代の話、今でもその建物はそのままらしい。
心中のあるホテルの部屋、あるところの施設で残った客の去り方、その施設もともとは千日前から持ってきた土で。などなど。

休憩はさんで第二部は芸人伊山亮吉DJ響がそれぞれじっくり怪談から。
伊山さんのは前にも聞いたな。響さんのは外国の珍しい話。
続いて一同での雑談怪談。
またこの日は他の怪談トークイベントもいくつかあり、冬場でもこんなに怪談会が開かれるようになるなんてという話から、クラブの怪談、ライブの怪談、飲み屋の怪談、盛り塩の話いくつか、生霊の話いくつか、中山さんの前にも聞いた人形に魅入られたカップルの話。

もう一度休憩ののち中山、ぁみで事故絡みの話いくつか、自衛隊の話いくつか。
陸自の話はいくつか集まるのだけど、空自は口が固くてなかなか出てこないのだそうですよ。でもUFO関連はけっこうあるのらしい。というとこで最初につながったのかな。

先日いい椅子での怪談会あったせいで、この新宿会場の椅子をよりきつく感じましたが、まああんまりふっくりしてても寝ちゃうかもだけどねえ。とにかくたっぷり怪談聞けるのでまた来年も楽しみ。
2019/12/03 (Tue)
金曜深夜怪談を聞いたLoft9に翌日同じ建物の二階、映画館でありながら落語会もするというところでの怪談会。
たいていの怪談トークライブと違うのは、丸椅子などでなく座り心地のいいところで、一つ一つの怪談を長めにゆっくり聞こうというコンセプト。
北野誠MCでスタート。黒木あるじの山形怪談『シンが来る』、夜馬裕(ゴールデン街ホラーズ)の世界すれ違い系本人体験『墳墓の丘』、田中俊行の能力というより誘われる人の話『予感』、西浦和也ごく最近取材したという留学生の体験『窓辺の少女』、竹内義和これも本人の幼い頃の体験『シバスベリ』

後半は川奈まり子さんをゲストに迎えての座談怪談。幽霊見たことあるか、という本人の体験を聞いていくんですが、黒木さんのデビュー話、聞くのは初めてだったかなあ。幽霊とは違う気もするけど。

なにしろ座ってるのが辛くなることの多い怪談イベントで、こういういい座席のものはありがたい。増えてくるといいなあ。特にオールナイト。と思ったけど、ぐっすり寝ちゃいそうかな。
<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]