忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
2018/10/09 (Tue)


いつも革細工用の材料や小物買いに行く店のすぐそばで、『新耳袋』『九十九怪談』の展示が行われてます。


映像化の台本などや中身は見られないものの取材メモなども。


珍しいのは著者校正の朱入れずみ。
こう直してるんだあ。
トークイベントもあるとのことですが、なにしろオールナイトで新耳袋トークのあとの午前中ではないですか。流石にそりゃ無理。
PR
2018/09/24 (Mon)
今年は東京公演の多い中山市朗さん。来ると二本立てで、ホントはその前のお昼ごろにと学会系のトークイベントにもでられてたようですがこちらが見るのは原宿の怪談から。
この会場も二回目。怪談図書館・桜井館長がゲスト。

狐、人形、宿、社など話もいろいろ。
二時間あっという間でした。

原宿の裏道でまだ新しい大衆食堂兼居酒屋みたいの見つけたのでミックスフライ定食など頂いて、新宿に移動。バーで珈琲いただいて深夜から新宿編。


こちらのゲストは北野誠さん川奈まり子さん。その川奈さんの持ってきた画像を撮影時に同行していた西浦和也さんが飛び入りで状況の解説なども。

こちらは途中休憩はさみつつも5時間びっちり怪談。もうなんだか色んな話がありすぎで。山の牧場続報などまで。北野さん川奈さんとも話のテンポ早いし。一体いくつ話しがあったんだろ。

ともかく一晩中怪談をたっぷり堪能いたしました。来年も楽しみですね。

2018/08/22 (Wed)


いつもの怪談トークライブ。
ここ二回ほど怪談がほぼないというのが続きましたが、流石に今回はありました。
とはいえ前半は昔のジブリのことの新著、二週間行ってた海外のこと、キネカ大森夏のホラー祭りのことなどで、すぐ前の椅子にいた初めてきたというお客さんは2時過ぎに帰ってしまいました。前回も5時頃までいた若い女性たちが結局怪談一つも聞かずに帰っちゃって、今回来なかったなあ。8割以上のリピーターの皆さんは慣れてるけどはじめてだと怪談ないとこまっちゃいますよねえ。
2018/08/13 (Mon)
怪談作家の川奈まり子さん主催の真っ昼間の怪談イベント。ゲストに神沼三平太さんと戸神重明さん。この季節の昼はちと辛い気もしたけど前に比べれば割と過ごしやすい気候で。

場内満席にもかかわらずよく冷房がきいてて、特別メニューの青ざめソーダと血まみれポテトをいただきました。


川奈さんは前にも別のイベントで拝見したことありましたが、実に達者な話しぶり。
神沼さん、予想に反して大柄な方。意外に穏やかな話し方で職業柄話しもなれてる様子。
戸神さん実直な話しぶり。
それぞれ個性出て、その取材方法も三者三様という話も。怪談の内容自体も面白かったけど、そういう周辺のことも興味深いものでした。

次回は11月とか。
2018/08/11 (Sat)
去年も行った長野県アンテナショップでの安曇潤平さんの怪談会。
今年はテーブルも撤去して人数多くした模様。
わずか500円で長野県の美味しいものと美味しいお酒までいただけるとこは同じ。

お焼きや和風キッシュも美味しいけど塩むすびと野沢菜の古漬けだけでもお代わりしたいくらい。

今回のゲストは怪談雑誌『幽』編集顧問の東雅夫さん。

というわけで数年前のNHK『怪談夜話』収録裏話からはじまり実際舞台になった山の画像見ながらの怪談話し尽くし。東さんも数少ないながらも自身の山体験を語ったり。前にも書いたと思うけど、安曇さんの語り口が大変いいのですよ。あっという間の1時間半、もっとじっくり聞きたいなあ。
<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]