忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
ランチ
2018/06/06 (Wed)

一月以上前のある日。隅田川沿いの表通り(江戸通り)に面してないビル、たしか一階から三階まで小洒落た店が入ってるとこでのランチ。店内もいいけど川に面したテラス席もあったのでそちらで。日替わりメニューはポークソテー味噌ドミグラスソース。美味しゅうございました。肉自体も良かったけど、味噌とドミグラスソースて合うんですねえ。この画像には写ってないけどスカイツリーがすぐそこに見えるいいところ。店の表を撮影し忘れて店名わからないのが残念。

PR
2018/06/04 (Mon)
4月に出てたんですよWONDAのティー・コーヒー、ほうじ茶+カフェラテ

珈琲とほうじ茶が両方味わえて混ざり合ってる気もしないし献花もしてないし意外と飲みやすい。いま見なくなった気もしなくもない…あるのかな。

その後5月には別のを発見

TEAS`TEA ほうじ茶ラテ。なぜか2タイプ。こっちは珈琲入ってないので更に飲みやすく。でもなんか物足りない気もするなー。

最近コンビニのコーヒーが美味しくなったのでペットボトルもいろいろ戦略を考えてるようではあります。
そういうなかで、ペットボトルでありながら珈琲として美味しいというのがこちら。

ALAMEDA COLD BREW COFFEE
これは美味しいですよ。その分ちと高い。
ブラックもスッキリ飲みやすいけど、冷たい珈琲の場合は少し甘くしたほうが好きな感じです。
今のとこファミマ限定なのかな。

2018/06/03 (Sun)
仕事帰りに何食べるかは大きな問題であります。
東映アニメーションのある大泉学園からの帰路はバスで成増に出て東上線というパターンが多いので、大泉の東映隣のOZで食べるのでなければ成増で食事ということに。問題は時間で、9時すぎるとチェーン店ばかりということにもなり。それなりにほぼどの店舗もと行っていいくらい数は揃ってますがまあ飽きはきますよね。
その成増に割と新しく出来たらしいのがこの店。



まずはビフテキ丼を試してみると。

見た目でわかるボリューム、そして熱々。いかにも肉食った感でいっぱいになりました。

後日定食を。

これもまた満足。サービスでスープお代りしてくれました。
チェーン店よりすこし値は張るけど、1000円位でこれが食べられるなら満足という以外ありません。
2018/04/14 (Sat)
大山の商店街に小さい持ち帰りだけの肉まん専門店ができてて評判らしいとはネットで見たりしてたもののわりと早めに完売で閉店するのでなかなか買う機会がなく。先日早めに帰れたので買ってみました。肉まんと数種ある餡饅のうち桜まん、そしてえび焼売。パンフレット的なチラシつき。
肉まんは老麺という、中国古来の天然酵母で発酵させた生地をつかってるとのこと。
店主さんは目黒雅叙園で長年中国料理を作ってきた人とのこと。


普通の二倍くらいあるのではないかという大きさの肉まんのガワの旨さ、ふかふかでこれだけでもすごく美味しい。
そこに中身がええとまあなんといいましょうか高級中華店の本格天津そのものですよ。大きさだけでなくお値段も普通の肉まんの二倍くらいしますがハンバーガー食べるくらいなら迷わずこちらにしますね。
餡まんはそこまで大きくないものの塩の効いた桜まんは肉まんのあとで食べるとまた別格の美味しさが。
もともと肉焼売も出してて、えび焼売はこの前日から発売し始めたそうで。こちらは夕食時にいただきました。これがまた、一つだけでもとても満足の味、なにか奥深い。酢でも醤油でも辛子でも何つけてもいいんだろうけど何もつけなくても十分。ぎっしり詰まってるのに次から次に食べ続けたくもなる。今回は6個入りにしたけど次は10個入りにしよう。

2018/04/12 (Thu)

去年末にオープンしたという新しい店。銀座の有名な店で13年修行したオーナーシェフだそうで、夜はそれなりの値段らしいもののランチは普通にランチお値段。
調理場との仕切り窓にぶら下がる肉がもう美味しそう。

香港式焼き物三種のご飯いただきました。

まずスープからして美味い。特に具もなくただのスープなのに。
いい香りと味の染み込んだ砂肝の冷製、甘めの味付けの焼き鴨、皮がすごくパリッとして肉はジューシーな豚バラ肉。味も香りもこれこれ、これが食べたかったの、と。
なかなかランチタイムにこの辺りに来る機会多くないですがまた是非行きたいものと。


<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]