忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9
2019/01/07 (Mon)
亀戸でのアルジェント研究会、開始は午前から。昼は自由にというわけで、近所のランチを探りに外へ。流石にファーストフードのチェーン店はさけよう、と言ってパスタという気分でもないしなあとうろついてると、駅の反対側高架下で博多うどんの看板発見。

居酒屋のようですが、お昼はランチあり、餃子が売りのようだけどここはやはり博多うどんでしょう。

肉ごぼ天うどん、いただきました。
ちゃんと出汁が出てて、肉もごぼ天もたっぷり。ボリューム的にはどっちかだけでも良かったかな。美味しゅうございました。あまり行かない方面だけど、博多うどんがリーズナブルに食べられるところは貴重。

PR
2019/01/03 (Thu)
年末年越しは普通に年越しそば。

ただし、鶏肉専門店鳥新で買ってきた鴨肉入り。

その鳥新でクリスマスに買ったローストダック、年末にも特別注文して買いまして。
そのせいか、今度は頭も足先も残した状態で来てびっくり。もちろん食べられるところは残さず美味しくいただきました。

その鳥新でフライドチキン特別パーティパックを見つけたらこの大きさ、量で1000円。
いつもお得な鳥新がわざわざお得です、と張り紙してたくらいで。
いやー味も量もすごかったな。

年末アメ横、吉池にカニ買いに行きまして。普通にパックのでもいいかなーと思ってたら店の人がこれがおすすめですよ、と差し出したのがでかいタラバガニ。流石にまるごと一匹とは行かないまでも半身買って1日の食事にしたらこれがもう美味しくて!今年の末はまる一匹買いに行こうかしら。予算貯めないと。
2018/12/27 (Thu)

広島こわい映画祭へ、と新幹線で広島についたところですぐ夕食。宿が駅近く、繁華街の方まででかけないので、じゃあ駅ビルでいいか、と探してみたら飲食街が大変充実しておりまして、もちろんお好み焼きも何件もあるのですが、そこではっと気がついた。
広島で牡蠣食べたことないのでは?
これまで10回以上訪れたことのある地。広島国際アニメーションフェスティバルのためなので大抵は3〜6泊。しかしそれはすべて8月なのです。夏には広島名物の牡蠣は食卓に出てこないのです。ここは牡蠣飯か、カキフライを食べてみねばなあ、とそういうのが食べられる店を探すとそれも複数ある中で、気になるメニューを見つけました。
「小イワシの漬け丼」
牡蠣飯もいいけど、これが大変気になり、カキフライをつけることにしました。
大正解。
やや小粒の牡蠣をカリ、ふっくらと揚げたカキフライも美味しかったですが、この小イワシの漬けがなんとも言えず美味。また広島に来たときにもここに期待。

2018/12/26 (Wed)
幕の内弁当@東京駅

広島こわい映画祭のため新幹線に乗ったのが前日土曜昼過ぎ。
その前夜花やしきでのザロフ大忘年会の後とある用で明け方まで新宿におり、土曜昼にはまた別件で中野坂上にいて、頭はかなりヘロヘロのままついた東京駅でもう肉系のお弁当はいいなとごくごくスタンダードな駅弁にしてみました。
その数日前から忘年会みたいのが続いてて体重がやばいです。

2018/11/11 (Sun)
JR八幡駅から大通りを真っ直ぐ南下、かつてはその左右にあった八幡製鐵(現新日本製鐵)の社宅団地の殆どが九州国際大学となり、その一部にまたちょっと違う建物があるのは前から気づいてました。どうやらその中にレストランがあるらしく、しかも国際色豊からしいランチがあるのも表に出たメニューから伺え。
が、なかなか八幡駅方面でランチすることがなく。先日の帰省で前を通ったときによく見てみれば、日曜にもかかわらずちゃんと営業、ディナーの時間もあり、しかも結構安いらしい。これは行ってみなければ。

広い車寄せの奥の建物に入り、受付の人に一般人でも食堂利用できますかと確認すると大変優しくもちろんですよと答えていただき、奥のレストラン、カフェへ。
定番メニューからしてラザニアセット、天ぷら系の和食セット、カレーセット、そしてハラルセットなどまで。日替わりメニューがまた国際的にバラエティに飛んでますが今月の世界の料理がケニア料理とあって、それは食べない訳にはいかないでしょうと。若干支払いの仕方がわかりにくかったけど、食堂のおばちゃんがすごく親切にしてくださいました。

カランガはビーフシチュー、ギゼリは豆料理。スープとライスに、ジュースまたはコーヒー、さらに副菜が一つ選べて750円。いくら九州が東京より安いからといってこれはまた破格な。

他のテーブルに何組かいたお客さんの国籍もバラバラ。食堂のおばちゃん、普通に英語使いこなして説明してて、さすがすごい。
カランガの肉がすごく柔らかく、シチュー部分はトマトがよく効いてて、豆料理はなにか不思議なスパイスの使い方。どれも美味しゅうございました。この先帰省した際、宿を黒崎駅前にしたとしても、食事はここまで来ちゃいそうだな。
<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]