忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
2019/07/09 (Tue)

以前から海外より作家を招いての上映、レクチャーを続けていた藝大大学院映像研究科。なかなか異タイミング合わず行けなかったのですが、今回やっと。
クィアって、耳慣れない単語ですねえ。もとは『奇妙な』『風変わりな』という意味からセクシャルマイノリティへの侮蔑語となったのに、逆に肯定的意味合いで広めてきたんだそうな。
90人の席は満杯。

自分で作品にすることはないし、そう言うもののほうが娯楽だけのものより価値があるとももわないのだけれど、プロパガンダにアニメーションは大変有効であることを再認させられます。ある種の抽象化で個別の問題にとどまらず普遍的な広がりをもたせられる。実際にセクシャルマイノリティの人たちのインタビューをもとにアニメーション映像をかぶせていくという作業だけででもですよ。
ミニレクチャーでの松下千雅子名古屋大学教授のお話も興味深いもの。一見そうは見えない作品からもクィアのメッセージを読み解くクィア・リーディングという手法もあるそうなんですが、作者が意図したかあるいは作者本人がセクシャルマイノリティだったかどうかではなく、作品そのものだけから読み解くという手法もあるというところ、クィアに限らずですよね。
PR
2019/07/08 (Mon)

蒲田ですって。タイガーマスクWのころに行ったことある以来?このカルチャートーク初めて行ったんですが怪談は去年もやってたらしいですねえ。前回にも登壇したらしい事故物件といえばこの人、大島てる、怪談ではおなじみ、とうもろこしの会の吉田悠軌会長。そして蒲田在住のお笑い芸人、ライス・田所仁。あ、この人はずっと前にネイキッドロフトの新耳番外編みたいなので見たことあった人だ。

とりあえず、吉田、田所で怪談ひとつずつ語ったあと大島てる加えてこのカルチャートークの人と4人で事故物件話。瑕疵物件ともいうけど、物損など支障がある、とか窓開けると墓地とか、同階に暴力団住んでるとかも瑕疵なんだそうですよ。思わず聞きながら今時分が住んでるとことか実家とか職場の近辺大島てるサイトで検索してしまいました。住んでるあたりには特に何もなかったけど。
もう一回先の二人による怪談あって終わり。趣向としては面白くて、こういういろんな組み合わせの怪談会もっと増えてもいいのにと思いました。


あ、この会場では8月にこういうイベントも。


夏休みアート・プログラム上映会「あそびのゲイジュツ・アニメーションの世界」
拙作『白い手』も上映されます。
無料。他の作品が大変いいものばかりなので、お時間ある方はぜひ。
2019/07/07 (Sun)
一人で作る長編ホラーアニメーション『アラーニェの虫籠』監督他色々全部の坂本サク監督と、主演の花澤香菜さんによるトークイベント。

Blue-ray購入者が主な対象なので椅子席はその人達用。見に来ただけの人も後ろで立ち見自由というのはいいとこで、長時間でなくてよかった。お二人の話は楽しゅうございました。ザグレブとかアヌシーとか説明なしに話題にしてたけど伝わってたかな?

お仕事したことある以外の若い声優さん、あまり覚えなくて花澤香菜さんも今回の作品で初めて知ったのですがすごく活躍されてる人ですねえ。劇場で見逃してBlue-rayもまだ買ってないけどニコニコ動画の配信で初めてみたという人も結構いるでしょう、Blue-rayではお二人のオーデオコメンタリがあるそうなんで、それは聞かなくちゃ。監督と福谷修プロデューサー(ご自身でも『心霊写真部』など監督されてますがすごいホラーマニアなんですよ)のも別にあるとのことなんでさらにもう一回。
2019/07/06 (Sat)
スパイダーマン見にTOHOシネマ日比谷に行ったら、一階でこんなかっちょいいものが。

MIB新作の車。とはいえ車は乗らないのですがこっちは
 
武器類。近づいてよく見ると安っぽい作りだったりするとこが映画の小道具っぽくてよい。
あ、映画は未見でございます。見に行けるのかな。
2019/07/05 (Fri)


高校生たちが二週間のヨーロッパ旅行!ベニスにプラハにロンドンですよ。楽しそうだなあ。
いかにもそんな気分にならせてくれる映画。
スパイダーマン映画としてもいろんなスパイダーマンスーツが見られて楽しい。
同級生たちや先生、ハッピーに至るまでキャラクターが生き生き。
もちろんアクションも大掛かりなとこもあり、何が本当かを見せ場とするアイディアもその具現化もすごいレベル。
何よりこの前作からのシリーズがいいのは、サム・ライミ版やアメージングに比べて見終わったとき暗い気持ちにならずに済むとこ。劇中ではそれなりに辛い目にもあってちょっと大人になるんですけどね、そういう塩梅もうまいなあ。
<< 前のページ■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]