忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
2020/02/12 (Wed)

すっかり怪談の比率が少なくなってた恒例のトークライブですが、今回は違った。というかゲストがすごい話持ちの人で。
世界で初めて『エクソシスト』を舞台化したひと横沢さんで、現在は芸能プロダクション社長。
舞台化の許諾のために原作者ウィリアム・ピーター・ブラッティに会いに行った話だけでもすごく面白いのですが、それだけでは怪談ではないですね。
ブラッティが許可してくれたのは横沢さんのその幼少期からの怪異体験、それがいろいろ詰まっていたからあの原作を舞台化したいんだというのに打たれたから、というのもすごい。
その幼少期の話の数々、舞台化に際してのいろんな事が起き、その後は現在のプロダクションの稽古場でも怪異が。
そもそもはその稽古場での怪異を記憶した映像があるからというのでお呼びしたゲストとのことでしたがそれ以外の話の数がそんなにたくさんあるとは予想外だったようで、このトークイベント始まって以来最初から最後までいるはじめてのゲストということに。
でまたこの人がずっと明るくて穏やかで良い方で、その人柄のおかげでプロダクションの人たちもみんな明るく社長応援の団扇持ってきてるという滅多ないものが見られました。

映像もちゃんと見られました。この手の話だと当時はあったんですけどね、というのが通例なのに、15年くらい前のものがちゃんと。VHSをDVD化したせいでブロックノイズ乗ってましたが、暗い、他の人がいないはずのところに手がでてきたり、歩く足が写ったり。検証するそうなので続報楽しみですね。
PR
2020/02/11 (Tue)
先週土曜夜には渋谷へ。

吉本興業のライブ場所、新宿や神保町にあるのは知ってましたが渋谷にもあったんですねえ。
最初に怪談でおなじみありがとうぁみさんほか怪談でみたことある人も混じっての芸人4人が揃って出ての怪談語り、次に4組がホラー系コント、最後に全員出てきてまた4人が怪談がたりという構成。前半とつながることで驚きの話もあったりで怪談だけでも楽しめたのですが、コントが結構面白かった。パラレルワールド都市伝説ものとか、不条理系ヒトコワとか。お笑いライブほとんど詳しくないのだけど、こういうジャンルもそれなりにあるものなんでしょうか。まあテレビじゃああまり見られないんでしょうけどね。
2020/02/10 (Mon)
先週土曜午後にはこんなところへ。

普段あまり日本酒は飲まないのですが、試飲あるだけでなく場所が国の重要文化財になってる赤レンガな建物となれば話は別。
普段は中には入れないところを見られるいい機会でした。

プロジェクションマッピングまでしてて、場所が良くて映えること。
肝心の試飲などのほうは、ツマミとしてあるはずの焼きそばも国産チーズも売り切れてて残念。

泡盛の試飲しただけで度数の高さで満足してしまい、結局日本酒は飲まずに帰りましたとさ。
シェリー仕立ての泡盛と、泡盛で作ったジン、おいしかったなあ。
2020/02/09 (Sun)
邦画でもインディーズあまり見ないのは日常性からはみ出す部分が少なそうなものにあまり興味がないからなんですが、これはなにか違いそうとの評判で、みるとたしかに! 

「劇団6番シード」という人気な小劇団がPVとして架空映画予告編作ったところ好評で、4分割した映画を半年ごとに上映してその収益で作り続けて2年かけて完成した長編という成り行きもさることながら、テロ、謀略、銃撃、爆発、狙撃、などなど活劇のオンパレード、ロケ場所も多彩でスケール大きく最後は海外ロケまで。世界を救う鍵は少女の歌という中二ポイントなのはいかにも小劇団発なかんじもするけどエンタメに全フリしてるのは清々しくていいですねえ。

総登場者数が500とかで、メインの台詞ある人物だけでもかなりの数、もとの劇団だけでなくいろんな小劇団の有名な人達が出てるようで、そう言うの好きな人達にはまた一層楽しめたのでは。
2020/02/08 (Sat)
いつもの板橋のカフェ百日紅での朗読劇でも楽しませていただいた紅日毬子さん主演の舞台。

ある晩帰宅途中、道端に一抱え以上もある巨大な赤いものが見えて、なにかと思えば赤いバラに歯が生えてるようなもの。こんなものが存在するのは、あの劇団のために違いない。よく見ればすぐそばに停められてるのはおそらく搬入用の軽トラックで、その前で一服してるのはたしかにあの劇団の人。後で聞くと、そこがまさに劇団の事務所とのこと、まさか自分の通り道にあったとは。
その巨大花がどう使われるのかも楽しみで行きました。

その花は冒頭から登場してきました。
エログロナンセンスアンダーグラウンドキッチュ歌に踊りにお芝居にとごちゃまぜにしたのが持ち味のこの劇団でアリスが題材なのですからそれは楽しくないはずがない。それぞれの場面、人物が魅力的すぎて全体の本筋が何なのかわからなくなって気もしましたがどうということはないですねえ。



『ファントム・オブ・パラダイス』のビーフの歌を思わせる楽曲があったり、『遊星からの物体X』さながらの血液検査場面があったりも楽しい。
ところで紅日毬子さんの役はアリスではなく、アリス・リデルにも似たレイシーなのですが、どうもいつもより怖い気がすると思ったら、『顔のない眼』にも似てた気もします。

また次の公演も楽しみ。
<< 前のページ■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]