忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11
2020/01/20 (Mon)
おなじみ怪談社の浅草公演。

今回も満席。同じ頃別の大規模な怪談語りのトーナメント決勝が行われてたようです。怪談会もすっかり根付いてますねえ。
真っ暗な中から上間さんの語りが聞こえてきて、途中少しは舞台に明かりがつくもののそれも一定せず、終始暗い中で話を聞いていく第一部。舞台からも客席は暗くて人が見えないものだったようです。
いくつかの話の中で、霊的なものも出ず妖しい事も起きない、でもただの偶然というのはこんな事があるかしらという「木の上の猫(仮)」が印象に残りました。
第二部は舞台に沙那さん。上間さんは客席後方から登場、片手に懐中電灯持ってずっと会場を回りながらいくつかの話を。これも変な趣向でよかった。

どうも最近、怪談社の浅草公演は雨が多い気がするなあ。今年はこのあと2月から4月までは毎月怪談社公演あるとか。毎回楽しめそうですね。
PR
2020/01/19 (Sun)
ちょッと買い物があり池袋東武百貨店へ。
ついでなので八階催事場で開催中の北海道展にも。
がしかしイートインはウニ蟹など海鮮系がメインで結構なお値段なのでそう気軽に試せません。
中には一日5食限定のウニ海鮮丼11000円なるメニューまで。
美味しそうなものも多いけど人も多いなあ。
と、その片隅にアイヌ民族衣装が。
羽織って記念撮影もできるし、独特な刺繍のワークショップもあるとか。
いいなあと思いつつもそれほど時間はなかったのですが、更に良く見てるとアイヌ模様の缶バッジが。ちょうどたくさん袋に詰めてる人がいて、どうぞ、というので一ついただけました。

クジラですね。
他にも20種類。北海道でも登別と苫小牧の間あたりの白老に今年アイヌ民族博物館が開設されそこでガシャポンで売られるもののようです。

どれもいい絵柄だなあ。
2020/01/18 (Sat)
東映アニメーションが一昨年大泉学園新スタジオ建設の際併設されたミュージアム内で、昨年末からゲゲゲの鬼太郎歴史展が開催中。コンパクトながら1〜6期の特徴がよくわかり、セル画はもちろん放映前の企画書やOPの絵コンテなどの展示も。その一角で、現在放映中6期のスタッフによるミニ色紙も展示されてて、色紙渡されたもののすっかり忘れてたのですがやっと書きました。

来週のうちに展示に回るといいのかなあ。

ゲゲゲの鬼太郎歴史展は1月末まで。うっかり明るいうちの写真撮り忘れたけど、営業は夕方5時までですよ。
2020/01/17 (Fri)
恒例の駅弁大会に行ってきまして、うちの地元のおなじみ東筑軒のかしわめしはすっかり整理券のいるものとなってしまったのでさっさと諦めて(そもそも帰省したときに買えるし)正月にカニ食べたばかりだったから海鮮系もやめて、その場で作るのでなく産地直送コーナーから三個選びました。


千葉の潮干狩り弁当、瀬戸内の真鯛ブリ穴子弁当、十和田湖のバラ焼き弁当。

どれも美味しかった。

あ、正式には第55回元祖有名駅弁大会 | 全国うまいもの大会‎なので、駅弁だけでなく

太宰府の梅ヶ枝餅もちゃんと買ってきて食べましたよ。

鬼太郎の絵がついた小丼入の鳥取の鬼太郎丼、去年二個も買ったからいいかと買わないでいたら今年は違う絵柄らしい。また買いに行けるかなあ。
2020/01/16 (Thu)
一人で作った長編ホラーアニメーション『アラーニェの虫籠』
スピンオフ短編が製作中ですが、そのプロモーションも兼ねてか、坂本サク監督の他の短編も上映されるお得な展示イベントが開催中。
大規模な工事が行われてる渋谷駅南西側を見ながら人通りの少ない坂を登ると

駅から数分なのにひっそりと佇む上部が薄暗いマンション、その四階が会場。

コンパクトながら見やすくインパクトのある展示。

土日には福谷修プロデューサーや坂本監督本人によるギャラリートークも。
もちろん、『アラーニェの虫籠』本編も見られますよ。
https://www.ara-mushi.com
19日まで。

<< 前のページ■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]