忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11
2019/03/26 (Tue)
前を通ったことはあったけどまさかその中に入る機会があるとは思わなかった御茶ノ水の明治大学の大きなビル。

東アジア恠異学会の年一回の東京でのフォーラム、今年はここなんでした。
大きな教室がびっしり。

第一部「怪異学の冒険」
 西山克(関西学院大学教授、東アジア恠異学会前代表)  大江篤(園田学園女子大学教授、東アジア恠異学会代表)  京極夏彦(小説家、東アジア恠異学会会員)
 司会/久禮旦雄(京都産業大学准教授、東アジア恠異学会会員)

第二部「怪異学の地平」
 榎村寛之(三重県立斎宮歴史博物館学芸普及課長、東アジア恠異学会会員)  木場貴俊(国際日本文館研究センター研究員、東アジア恠異学会会員)
 コメント/一柳廣孝(横浜国立大学教授)  コメント/飯倉義之(國學院大學准教授)
 司会/久留島元(日本学術振興会特別研究員、東アジア恠異学会会員)

第一部は会の勃興期からのまとめ、第二部はこれからの展望と行ったところでしょうか。
妖怪という言葉はもう手がつけられないけど、怪異はまだなんとかなるかもとか。
主に歴史学の立場のこの学会と、主に文学系な怪異怪談研究会からの扱う問題の違い、年代の差、それぞれの得手不得手などについての話も。いずれにしても文献(口承も含め)をもとに研究するところなので、どう伝えられどう解釈されたか、が命題であって、実際にどういう現象が起きていてそれは何によるのか、ということは議題にならないもので、それはここではないどこかが研究してくれたりしてるんでしょうか。


もうここに来ることないかもなので7階だったかの学食もちょっと行ってみました。残念ながら営業時間外。だいたい予想の範囲内ですが、トリプルカレーはすごいですねー。

PR
2019/03/25 (Mon)
境港で自宅含め各所にお土産いろいろ買いました。

殆どが妖怪系。というか鬼太郎系。
 
自宅用には山椒の効いたジャコ海苔の佃煮と、鯖の塩辛。

この鯖がいかにも鯖!そのまま!しかも塩辛い。
硬いアンチョビ、といった感じでしょうか。

もう一つ、自分用に鬼太郎手ぬぐいを。前に持ってる図柄だけど、境港限定の渋い色のもの。
長く続いた境港旅行記もこれでおわり。今年はほかどこに行くのでしょうか。
2019/03/24 (Sun)
3月10日午後三時頃には境港を立ち、米子鬼太郎空港へ。

多くのスタッフが鬼太郎電車にのるのをみながら、100円のマイクロバスで一人のんびり行きました。

空港ではまた二十世紀梨ソフトを。美味いのだもの。

帰りの飛行機は席ごとのモニタはないタイプながら窓際だったので、飛び立つところを見られたのでした。今度来るのはいつ頃かなあ。

2019/03/23 (Sat)
雨の境港水木ロードで行けるところは限られます。
水木しげる記念館は前にも行ってるし、と一つ裏通りになる妖怪楽園へ。

ここも雨ですが。

屋内で、温かいラテをいただきました。

いくつかある絵柄の中からねこ娘をチョイス。
2019/03/22 (Fri)
3月10日昼 何しろ朝ごはんをしっかり食べたのであまり腹減らないままテクテクうろうろしてたら結構いい時間に。
とりあえず水木しげる生家跡にお参りのようなことしてまた歩いてたら近くのお店から音が。
こちら、と窓を叩く手の音。
声優さんはじめ鬼太郎スタッフの一部がそこで昼食してたのでした。

呼ばれて入ったものの、あちらはもう終わって出るところ。入れ替わりにカウンターへ。

いろいろとお魚が美味しそうな店でしたが朝が海鮮丼だったので、天ぷら定食を。
隣の客さんが尋ねたので気がついたメニューがアジのメンチカツ。
この店のオリジナルだそうで。そりゃあ頼んでみないと。

これが美味しゅうございました。というよりすごく好みの味。
もちろん天ぷらも美味しかったですよ。
<< 前のページ■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]