忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
2020/02/17 (Mon)

あれはいつだったか、大泉学園の東映撮影所の社食にいったところ声をかけてきたのが、かつて東映アニメーションでONE PIECEなどの演出助手だった川松くん。実写でホラーを撮りたいのですとその世界に行ってもう10年以上か。色んな作品の助監督をしながら『葬儀人アンダーテイカー』『丑刻ニ参ル』『我が名は理玖』などインディーズで何本も監督作を着実に続け。
て、なんで今ここに。と見るとその奥に清水崇監督が。彼とも『呪怨』より前の『学校の怪談G』からの知り合い。なんでもその新作に川松くんが助監督でその割と初期の打ち合わせだった模様。
その新作が『犬鳴村』とわかるのはもうちょっとあと。
その後、その二人主催のイベント『怪談とホラーの夕べ』がその手のものとしては珍しい赤坂で4回ほど開催。それがこの『犬鳴村』の宣伝イベントでもあり、ロケハンやらキャスティングやらの状況が少しずつ公開されてったのです。
有名な都市伝説「犬鳴トンネル」もちろん福岡に実在する場所で、実際血生臭い事件の場所でもあったりで、それを素材に映画とはどうなるのか。そもそもトンネルの奥に行こうにも塞がれてて中にも入れない状態、なのはその赤坂でのイベントでもわかってること。

見るとなるほどねえ〜〜!そうなるのかあと感心することしきり。
ユーチューバーという現代的なところからの導入に田舎の集落の閉塞感が重なってきてからの因習ホラー感。現代的な場としての病院ホラーも得意技として繰り出されるけど、とうにダムに沈んだはずの犬鳴村がしっかり話の中心に据えられて終盤はまた違うホラーのフェイズを。そこはホントはそこまでしなくてもという気もしなくもなかったけど、ある種の社会問題まで絡ませつつも表立ってしなくてフィクションの奥に忍ばせるのはああするしかないのかなあとか。
若い人が多い客席はちゃんと怖がってたようで、青年三人組のひとりが、20分位から怖くてずっと音楽聞いてた、というと、知ってた。音楽聞こえてたもん。と会話してるなど、製作者聞いたら喜んじゃうだろなあという会話もしてました。
映画の公開は始まったけど、またイベントもそれはそれでやってくれないかなあ。
PR
2020/02/16 (Sun)

世がバレンタインで浮かれてる(多分)夜には新宿の映画館へ。

前に渋谷の映画館で行われた怪談イベントも有りましたが、今度はテアトル新宿。
広いスクリーンを背に怪談社のおふたりが代わる代わる怪談語る第一部。
いつもの公演のように和服ではなく洋装なのでちょっとくだけた感じで。
休憩挟んでの第二部は椅子を取り除いて、立って怪談なのかなと思いきや。

なんと映像でした。怪談映画というか。ユーチューバーのパラノーマル・アクティビティというか。
そういえば東京に来る前の怪談社は映像も手がけてたんでしたねえ。その時は本人たちが主演だったけど今回は知らない人二人で、ええまあ面白くはあったんだけど、第二部がそれだけで終わるとは思わなかったなあ。劇中怪談も語られはしましたが。なれてないお客さんたちにちゃんと怖がってもらえてたようでした。せっかく映画館でやるのだから映像交えるのはありですねえ。もちっと短めだと嬉しい。
2020/02/15 (Sat)
バレンタインデー、みなさんはいかがだったでしょうか。
盛況なチョコ売り場を横目に1週間弱池袋東武催事場の一部では台湾フェアが開催されておりました。

魯肉飯食べ比べができるようになのか、イートインというより売り場のすぐ脇の休憩所が大きく設けられ何店舗もの魯肉飯やお粥、スイーツが割に手軽なお値段で。
というわけで通いまして。

初めて食べたのがホルモン入りの麺線。極細麺がとろみのあるスープに、それがすごく鰹だしが効いてて優しい味。
バレンタイン前日までの開催だったけど、当日あの売り場は隣接したチョコ売り場が拡張してたりしてたのかなあ。
2020/02/14 (Fri)
たまにワークショップを受講しにいく古物商兼造形作家マンタムさんの個展。
たまにいく初台のギャラリー喫茶ザロフにて。

相変わらずとてもとても怪しいものがたくさん展示されてるのですが、照明が多めなこともあってわりにさわやか。

中には発光を仕込んでるものもあるのでここまで明るくなくてもいいのでは?と聞いてみたところ、暗めの会場にポツポツと明かりがあると、圧がすごくて人が近寄りにくくなったのだそうです。

二階のギャラリーでの展示は15日土曜までですが、同時開催するはずだった夜間の屋外映像投影はその後も少しの間やるそうで。またそちらを見に行ってみよう。
2020/02/13 (Thu)
アニメージュ今月号発売中です。

注目点はデータ原口さんが腐心尽力してできた企画、『怖い鬼太郎』特集。
ほぼ3pに渡る脚本家長谷川圭一さんのロングインタビューに6期鬼太郎の怖い回が散りばめられ古賀豪演出と角銅のコメントも掲載されてます。


5,6個ある質問が800文字以上あるのに答えを500字程度で、とオーダー来てて絶対無理!と1000字に伸ばしてもらいました。それでも駆け足。この質問なら本一冊になるくらい答え書けますよ。

他に、2月は猫の日があるのでと猫特集の中に『羅小黒戦記』のページありました。ラッキー!
<< 前のページ■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]