忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
2020/01/18 (Sat)
東映アニメーションが一昨年大泉学園新スタジオ建設の際併設されたミュージアム内で、昨年末からゲゲゲの鬼太郎歴史展が開催中。コンパクトながら1〜6期の特徴がよくわかり、セル画はもちろん放映前の企画書やOPの絵コンテなどの展示も。その一角で、現在放映中6期のスタッフによるミニ色紙も展示されてて、色紙渡されたもののすっかり忘れてたのですがやっと書きました。

来週のうちに展示に回るといいのかなあ。

ゲゲゲの鬼太郎歴史展は1月末まで。うっかり明るいうちの写真撮り忘れたけど、営業は夕方5時までですよ。
PR
2020/01/17 (Fri)
恒例の駅弁大会に行ってきまして、うちの地元のおなじみ東筑軒のかしわめしはすっかり整理券のいるものとなってしまったのでさっさと諦めて(そもそも帰省したときに買えるし)正月にカニ食べたばかりだったから海鮮系もやめて、その場で作るのでなく産地直送コーナーから三個選びました。


千葉の潮干狩り弁当、瀬戸内の真鯛ブリ穴子弁当、十和田湖のバラ焼き弁当。

どれも美味しかった。

あ、正式には第55回元祖有名駅弁大会 | 全国うまいもの大会‎なので、駅弁だけでなく

太宰府の梅ヶ枝餅もちゃんと買ってきて食べましたよ。

鬼太郎の絵がついた小丼入の鳥取の鬼太郎丼、去年二個も買ったからいいかと買わないでいたら今年は違う絵柄らしい。また買いに行けるかなあ。
2020/01/16 (Thu)
一人で作った長編ホラーアニメーション『アラーニェの虫籠』
スピンオフ短編が製作中ですが、そのプロモーションも兼ねてか、坂本サク監督の他の短編も上映されるお得な展示イベントが開催中。
大規模な工事が行われてる渋谷駅南西側を見ながら人通りの少ない坂を登ると

駅から数分なのにひっそりと佇む上部が薄暗いマンション、その四階が会場。

コンパクトながら見やすくインパクトのある展示。

土日には福谷修プロデューサーや坂本監督本人によるギャラリートークも。
もちろん、『アラーニェの虫籠』本編も見られますよ。
https://www.ara-mushi.com
19日まで。

2020/01/15 (Wed)
東映アニメーションが若手に自由に作らせるという企画で始まったらしい、1分間の短編PV
『ジュラしっく!』
そのトークイベントがあるというので行ってみました。

一分の映像に数時間のトークというのも珍しいのですが、アニメの製作工程や、古生物監修の土屋健さんによる古生物に関するレクチャーもあり、飽きさせない物となってました。
主演の声優さんがゲストのおかげか、客席は若い人たちでほぼ満員。
監督の石谷恵さんは新人ながら『ドラゴンボール超』最終回担当した実力。今回のトークでは触れなかったけど、学生時代から古生物アニメ作られてて、この企画にドンピシャですよ。

この先なにかいい展開があるといいですねえ。
2020/01/14 (Tue)

いつもの板橋の喫茶店カフェ百日紅(ひゃくじつこう)現在は女給目玉堂さんの個展が開催中で、期間中三回の土曜日は朗読が二回終日ライブが一回開催。その最初の朗読会に行ってきました。

劇団廻天百眼の紅日毬子さんが読み演じるのは時代小説作家芦川淳一さん作『百日紅奇譚』三部作と、如月悠帆さん作『不壊の鳥』。朗読の間は最終土曜にライブのメリーさんが音楽を。

芦川さんのは事実をもとにしたようなそうでないような連作、店の常連さんをモデルにしたような人達も出たりしますが、乱歩のような異色作家短編集のような怪奇幻想味の深いもの。芦川さんからこんな物語が紡ぎ出されるとは予想外で、普段のお仕事でもその系統はあまりかかれないものかと思うのですが、その出来栄えはさすがプロ。如月さんのは酔いどれのひとり語りのような詩のような、その如月さんから夢幻魔実也のようなと称されたスーツ姿の紅日毬子さん、幾役も演じられる巧みさはもちろん一人でもそこがまるで廻天百眼の舞台上であるかのように空間を作られていくのでした。

期間限定のスイーツはさかしまケーキ。これも美味しゅうございました。
次の土曜には昨年やはりこのカフェ百日紅で紅日毬子さんと二人で朗読劇をされた川合瑞恵さんによる朗読、芦川さんはまた別の作品を書かれたとのことですが、その日は別件あって鑑賞できません、残念。
<< 前のページ■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]