忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
2019/08/14 (Wed)
ゲゲゲの鬼太郎スタッフルームに熱烈なウルトラマンファンがいまして。
そういえばこんなのがあったなあと思いだしたのがウルトラマンガイア放映当時の正式なスタッフジャンパー。

鬼太郎の4期、5期ひょっとしたら3期からだったのかな、音響効果を担当されてた今野さんはティガ、ダイナ、ガイアの頃のウルトラマンも担当されてて、そう言う話をしたら頂いてしまったもの。とはいえなかなか着る機会もなくしまいこんでいたので、これはそう言うのが好きな人に着てもらえるほうがいいだろなと鬼太郎スタッフに譲ることに。

何しろ20年も経ってるので傷んでないかという心配、杞憂でした。全然きれいなもの。まあ流石に今は暑いので、寒くなった頃に着てもらえるんでないかなあ。
PR
2019/07/23 (Tue)

先週土曜は午前中から九段下、武道館脇を通って科学技術館へ。前までは午後にでかけてたけど結構売り切れてるものがあったんですよ。
今回は表にポスターの掲示なし、割と長い入場列もスムーズにながれてて。
イベントエリア毎回拡大してるしなあ。

今回はじめてであったブースですばらしかったのがおばけ*ねこさん。
リアルで可愛いコウモリさんたち。お値段もするので、その場で購入とは行かなかったですが、また次の機会には。マグネットだけ購入して、こういうチラシいただきました。

他にもコウモリグッズいくつか買ったので、また後日、順に紹介予定。
2019/07/22 (Mon)

ポメラなどでおなじみの文房具メーカー、キングジム。
何やらフェアがあるというので秋葉原へ。
いつもアニメ、フィギュア系の展示イベントでしか行ったことない会場でしたが、こういうのもやってるんですねえ。そりゃそうか。
ちら〜〜っと覗く程度でなにか買うつもりはなかったのですが、表でのワゴンセールが100円とか300円とかバカ安で、ついいくつか購入。


手書き書類を手軽にデジタル化、できるらしいSHOT NOTEやSHOT DOCSの類が100円。つい買ってしまいます。

腕時計300円ワゴンで、1種類だけあった懐中時計。見やすい大きさ。これで300円なら買うでしょうも。
屋内には低反発枕とかキャンプ用品とかゲーミングチェアとかデジタル文具とかキッチン家電などいろいろ。関連会社こんなにあったのかと。蝙蝠グッズも購入してしまったので、また後日。
2019/07/07 (Sun)
一人で作る長編ホラーアニメーション『アラーニェの虫籠』監督他色々全部の坂本サク監督と、主演の花澤香菜さんによるトークイベント。

Blue-ray購入者が主な対象なので椅子席はその人達用。見に来ただけの人も後ろで立ち見自由というのはいいとこで、長時間でなくてよかった。お二人の話は楽しゅうございました。ザグレブとかアヌシーとか説明なしに話題にしてたけど伝わってたかな?

お仕事したことある以外の若い声優さん、あまり覚えなくて花澤香菜さんも今回の作品で初めて知ったのですがすごく活躍されてる人ですねえ。劇場で見逃してBlue-rayもまだ買ってないけどニコニコ動画の配信で初めてみたという人も結構いるでしょう、Blue-rayではお二人のオーデオコメンタリがあるそうなんで、それは聞かなくちゃ。監督と福谷修プロデューサー(ご自身でも『心霊写真部』など監督されてますがすごいホラーマニアなんですよ)のも別にあるとのことなんでさらにもう一回。
2019/06/23 (Sun)

東横線白楽の駅といえば菊地秀行さんの作品に出てくる外谷さんのモデル御本人のお店がかつてあり、一度行ったことがあるところ。何年前だっけ。
雨の中を六角橋商店街抜けて神奈川大学へ向かう道すがらそのお店のあったところ思い出そうとしましたが何しろ一度行っただけだからなあ。その雨中、案内の学生さんが辻ごとに立ってて、ほんとにご苦労さまでした。

講演は水木さんとの関わり、人となり、業績の紹介、妖怪の成立と一般化がいかに偉業であるかなどなどを相変わらずの名調子で語るもの。部分的には何度も聞いたようなことも含まれるのですが、通して一時間半みっちり水木さんのことだけというのは意外に珍しいかもだし、飽きることはないですねえ。前売り売り切れ満席のお客さんたちも満足のご様子で、終演後の物販でまた京極さんが売り子してると長蛇の列となってました。

<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]