忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11
2018/12/24 (Mon)
というわけで行ってまいりました、広島こわい映画祭


広島から西に二駅の横川は趣のある駅舎。そこから徒歩数分でミニシアター横川シネマ。
パンフや午後上映とともにあるトーク時用の配布物など。

ロビーには映画で使われたプロップの展示。
上映された作品はインディペンデントな短編ながらとてもハイレベル。

午前最後の部は大会実行委員長矢澤教授によるダリオ・アルジェントについてのいろいろ。
ご存じない人も多いでしょうが、矢澤さんは広島大学経営学教授であるだけでなくおそらく日本一、多分世界でも有数のダリオ・アルジェント研究家なのです。

午後の上映、佐々木勝己監督、川松尚良監督および角銅は上映だけでなくマスタークラスというトークも。川松監督『我が名は理玖』の主演小原徳子(木嶋のりこ)さんも舞台挨拶に駆けつけてくれました。
第一回目にしては大した混乱もなく、スムーズな進行。もっとお客さんが来てくれるといいんでしょうが、楽しい時間を過ごすことができました。また次回もありますように。
PR
2018/12/23 (Sun)
HUGっと!プリキュア 45話いかがだったでしょうか。


本日広島、横川シネマにて開催されるインディペンデント系ホラー映画上映会。角銅の短編も上映、少しばかり何か話します。お近くの方は是非。
https://hirokowa.web.fc2.com/
2018/12/20 (Thu)

CafeLiveWireのホラーアカデミア、その懇親会からちょっとあと。同じ新宿で恒例の忘年怪。
菊池さんのトークライブ20周年です。今回も相方は笹川吉春さん、特別ゲストが井上雅彦さん。
この会場に移る前にたしか三回ほど当時厚生年金会館の地下だったLoftPlusOneで開催されたはず。その頃はまだ参加してなくて、今の場所の第一回目、トークの相方が飯野文彦さんになってから、ええとたしか1回か2回位しか欠席してないんじゃないかな、自分。
ちなみにLoftが移転してくる前にこの場所には行ってるんです。TVアニメ『ダイの大冒険』の打ち上げで。今の桟敷のあたりが床よりちょと高いステージになってる、カラオケパブ的な店だっだのかな。藤田淑子さんと冨永みーなさんが『恋のバカンス』歌われたり。それからこんなに通う場所になるとは思いもせず。
ええと忘年怪自体はこれも恒例のコスプレコンテストもあり、過去のこんな事があったあんな人が来たとの回顧もあり。お客さんの中には、ロフト以前の菊地さんのサイン会にも行ったことがあるというひともいらしてて、すごい。最後はまたこれも恒例、くじ引きプレゼント大会。このときのために菊地さん自らあちこちで買ったいろんな景品、最後はこのときのためだけに書かれた書き下ろし短編生原稿。

あたりました。

20年通ってやっと当たったというなんとも嬉しいことで。内容は、いずれテキストに起こして公開しますので、しばらくお待ち下さい。


2018/11/16 (Fri)
おなじみ秋のデザインフェスタへ。

昼過ぎに着くなりフードコート、しかしまあどれも行列なので一番人の少ない海苔巻き風ウインナードッグなるものを。

カレー、ちらし寿司、オムライスと三種の味。あらこれはなかなかイケるではないですか。
今度作ってみようかしらん。ついでに買ってみた味噌チャウダースープもなかなか。

ビッグサイト西館一階三階回り終わって日も落ちた頃再びフードコートへ。流石に客はまばらで、が、おめあてのパエリアはすでに閉店で残念。
今度は金沢カレーのワゴン。カレーも美味しかったけど、

白海老のかき揚げ丼が激ウマ。カツカレー、唐揚げカレーだけじゃなくてこの白海老かき揚げカレーを出したら売れるんじゃないかなあ。

もちろんデザフェスとしての買い物もしました。
前回と同じ店で和柄シャツ。前は巾着もらえたおまけは、今回はトートバッグ。
コウモリ物も買いましたが、それはまた個別に後日。
2018/10/30 (Tue)
昨日の続き。

白い部屋に続いて、黒い部屋です。

細かい解説はしません。展示された物自体も素晴らしいですが、この空間の感じが伝わりやすい画像を選んでみました。

点数絞るとどうしても画像小さくなってしまうので、動画版を作成予定ですが、もうしばらくお待ち下さい。


<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]