忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6
2017/12/11 (Mon)
タイガーマスクW 忘年会からそのままこちらへはしご。

去年はお休みした恒例のコスプレコンテストが復活。

いろんなプレゼントの福引大会あって

槻城 ゆう子さんのクトゥルーポストカードセットとThores柴本さんのかわいいパンダバッジセットあたりました。

小説家の現役限界というかいつまで原稿書いてられるだろうという話も出ましたが、
菊地さんまだまだ衰えを感じさせないしもっともっと書いていただきたいものです。
PR
2017/12/06 (Wed)
なんだかんだでもう三回目かな、何しろ平日開催なんで行くとき限られますが。

昼過ぎに行ったけど開会直後のほうが人多かったらしいですよ。
たいして予算があるわけでもないのでのんびり見て。

おなじみのマンタムさんとこでスパンアートギャラリーでのタルホ展とこれからの展望のことなど聞き。

水牛の角製のボタンなどだけ買って帰りました。
次回開催日は未定だそうで、そういえば数年後はオリンピックの影響受けたりもするのかな時期が違うからいいのかな。

2017/11/28 (Tue)
急用ができてつい先日帰省したばかりですがわざわざ東京で北九州フェスやってると言うので行ってきました。前にも何度かアニメ系の展示を見に行った元小学校の会場。

IターンUターン含め今月始めだったかなNHKでドラマにもなってた北九州フィルムコミッションやもちろん普通の地元、あるいは周辺地域のいろんな紹介。あまりいっぺんにやっててまとまりついてない感もあったけどそれもまあ北九州らしいといえば。
そんな中で自分の仕事に近いコラボも。

そうそうマジンガーZといえば鐡の城でしたねえ。このサイズの全金属マジンガーすごい。
地元でも何かイベントやってるみたいでしたが、そりゃまあお台場のガンダムみたいに実物大作る訳にはいかないか。作るとしても飾るのは北九州じゃなくて富士山近くだろうしなあ。

行った目的の一つはわざわざその日に空輸してくる北九州の三代目味の名産「揚子江の豚まん」「シロヤのサニーパン」「東筑軒のかしわめし」であったのですがもちろんとうに売り切れておりました。ま、先日食べたばかりだしまた年末行くし。

かわりに、そこで作ってた焼き牡蠣、筍の山椒味噌味、じんだ煮いりにゅうめんをいただきました。

おいしかったあ。にゅうめんのこういう食べ方も覚えたからやってみよう。
2017/11/04 (Sat)
恒例のブックフェス。ちょっと前までは雨かもという予報もありましたがすっかり晴れてて絶好のイベント日より。結構な人出。


本の雑誌社のワゴンには池澤春菜さん、北原尚彦さん、妖怪推進委員会にはおなじみの京極夏彦さん。


またたくさんいただきました。イクラとサーモンのロシア風クレープにピロシキ、日本酒のカクテル、ポトフに羊の串焼き、エビマヨにゴマ団子、角煮マン、ちょっと喫茶店でコーヒーとケーキで休んでから

北京ダック、エジプトのレモネード、〆はボンディのカレー。
この頃にはすっかり日も暮れて満月に近い月が出ておりました。


いろいろ収穫品。蝙蝠物もあって、それはまた後日。


2017/10/23 (Mon)
土日の予定が土曜一日だけとなり、おまけに雨でパレードなども中止、区民ホールでの演奏などとなってたようですがメイン会場の体育館ではちゃんと行われました板橋プロレス。
前に商店街でやってたときも多様と重なり見られなかったので今回がちゃんとははじめて。

試合の前に杉浦太陽さんが登場。今は板橋観光大使やってるということで。へええ。

さて試合、最初の組は割とまともだったけど二組目は九州プロレスからがばいじいちゃん登場。
杖も体の一部と認められててへろへろしてますが

いきなり素早い動き見せた方と思うとコーナーポストから頒布もしたりしてすごい。

セミファイナルは兎さんと豚さんの対決。兎さんはちかくの不動通り商店街のキャラなんですよ。


さらに最後は8人タッグマッチなんですがー。
全員登場したところで次の用事あって結果見られず。でもまあゴダイゴ『銀河鉄道999』が入場テーマの社長が勝ったんだと思います。ハッピーロード大山のキャラが明るいのとダークがいるらしいのがタイガーマスクWぽくて、試合見たかったなあ。

この体育館は多分日曜には投票所となってたんでしょうね。

<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]