忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15
2018/10/30 (Tue)
昨日の続き。

白い部屋に続いて、黒い部屋です。

細かい解説はしません。展示された物自体も素晴らしいですが、この空間の感じが伝わりやすい画像を選んでみました。

点数絞るとどうしても画像小さくなってしまうので、動画版を作成予定ですが、もうしばらくお待ち下さい。


PR
2018/10/29 (Mon)
画像は一日に三枚と決めてるので、今回の松山萬翠荘での展示は二回に分けます。
まずは建物入り口からすぐの、窓の大きな白い部屋。

あー、なんでこのときパノラマ撮影しなかったのでしょう。俺のバカ。

ここはまだ受付からすぐに見えるということもあり展示自体は割とおとなしめですが、

三隣亡ではおなじみの店長さんが異彩を放ってました。

もちろん明日に続く。


2018/10/28 (Sun)
『ゲゲゲの鬼太郎』第30話いかがだったでしょうか。
どこがハマーを意識したところだったのかは、問い合わせ多ければいずれまた。

玩具館三隣亡iin松山萬翠荘の続き記事に戻ります。

さて、坂の上の雲ミュージアムの建物を横目に見つつその入口への坂を登ると同時に萬翠荘の表示が。そこから坂を折れ曲がると見えてきました、萬翠荘。ほんとに日本か此処、という眺め。
市電の走る大通りからわずか数分でこの建物に。


どこからどうとっても絵になります。玩具館三隣亡の展示もちゃんと紹介したいのですが、まずはこの建物で催されたというのを再度ご認識ください。

なんと嬉しいことに館内には精巧な模型までありました。上から眺めた館なんて、そう見れるものではないですよ。
次回でやっと三隣亡の展示の紹介となります。
2018/10/27 (Sat)


前回の25話からあまり間を開けず担当させていただきましたが、西洋妖怪編で吸血鬼の回やりたいー!と手を上げたらほんとにやらせてもらったわけでして。
絵コンテの表紙絵は登場する女吸血鬼がカミーラだからハマーだと『ヴァンパイア・ラヴァーズ』というのがあるとはいえポスターの図柄はえげつないので、『血とバラ』の感じで。
(もちろんその二作ではカーミラですよ)
本編中ではハマーを意識した部分もちらっとあったりしますが、まず気が付かないところかと。
あ、意識せずに漏れ混じってる部分はあるかもとしても。

今回の舞台は映画館。画像の緑の髪の女性も登場しますが特に本筋と関係ありません。
ハロウィーンということもあり、犬山まなのコスプレ?も見ものかもです。
同日放映のプリキュアのいかにも楽しいハロウィンパーティ(そちらは担当してませんが)と見比べるのもいいかと思います。お楽しみに。

2018/10/26 (Fri)
松山に来てるので、見るくらいは見てみねばと道後温泉へ。

松山の駅からしていい建物。そしてあちこちでみかんジュース。美味しゅうございました。

そしてこれが有名な建物。近くにレンタル着物の有名な店があるとかで、アジア圏の外人さんが喜んで着て歩いてました。結構な人でさすが観光地だなあ。


そこから電車で割とすぐ、坂の上の雲ミュージアムへ。
駅で見かけた坊っちゃん列車はとうに発車してて、しまった乗れないまでもちゃんと写真くらい撮るべきだったなあと。飾ってあるだけかと思ったのが失敗。
ちょっと途中のビル解体が面白かったり。
ミュージアムもいいのであと思うけど、原作未読、ドラマ未見なので、次来るときまでになんとかしたいと思いました。

そしてその先がいよいよ玩具館三隣亡in松山を開催中の萬翠荘なのですが、
その記事は日曜に。

<< 前のページ■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]