忍者ブログ
「錆びた館」 http://kakudou.moto-chika.com の日替わり日記部分のみの分館
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
2019/02/03 (Sun)


新宿武蔵野館で開催中、【2019中華最強映画まつり】


三本のうち三本目



これまたシリーズ三作目。


劉徳華アンディ・ラウ主演『狄仁傑之通天帝國 王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』の前日談、趙又廷マーク・チャオ主演『狄仁杰之神都龍王 ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』の続編で引き続き趙又廷主演。盟友沙陀役林更新、尉迟真金役馮紹峰ウィリアム・フォンは変わらず、武則天の劉嘉玲カリーナ・ラウは三作とも。まあこれは他に代わる人いませんわなあ。

のっけから陰謀で怪しい術者四人が技を見せ合い、これはどうなるのと思ったらあれよあれよとそれがどうしたというくらいのすごい展開へ。奇人怪人妖術に化物怪獣、变化に剣戟などなどなにも出し惜しみしないアイディアの数々。今更言うのもなんですがさすが徐克うまい!なんたってケレン味が最高です。そろそろいい年と思ったら枯れるどころかいろんなことの見せ方の
演出の巧さ、CGの使いこなしがこなれてて、このシリーズの時代設定が上手くはまったのもあり、ここにきてこの三作が新たな代表作と言っても過言でないものに。すごいなあ。また三作改めて全部通してみたい。というか、もっと続編作ってくれても嬉しいですよ。

PR
2019/02/02 (Sat)


新宿武蔵野館で開催中、【2019中華最強映画まつり】


三本のうちの二本目



これもシリーズ三作目。
戦い、という割にはアクションメインの活劇ではなくて、や、ちゃんとそういう場面もあるにはあるんだけど、なんと悪役がほぼいないし、というかそんなことじゃなくて、これは「愛」の映画なんですよ!あの鄭保瑞がこんなの撮るとはなあ。ちゃんと面白く出来てるので問題ないですが。女人国の女王趙 麗穎チャオ・リーインが斉藤由貴に似てた。

2019/02/01 (Fri)

新宿武蔵野館で開催中、【2019中華最強映画まつり】
三本の映画どれも続編や三作目。

確かに前作は続く!というところで終わってたけど、まさかほんとに続編来るとは思わなかったアイスマンの続編。前作に引き続き主演は甄子丹ドニー・イェン、任達華サイモン・ヤムら共演者も一緒。さらに、倉田保昭が日本の武将役で。甄子丹とがちがちの剣戟を見せてくれますよ。
が、話がねえ。これでいいのか、という。や、話としてはありかなあとは思うものの。原作がそうだから、とかなのかなあ。
ちなみにタイトルに嘘はないのでした。そこもびっくり。

2019/01/31 (Thu)
なにを血迷ってかと言うかテレビの方は逃さず見てるもので、つい。

タイトルはネッシー、ノストラダムス、ユリ・ゲラーですが主演(?)はオカルト三銃士。
更に通常のTV版と同じく司会に逸見太郎、コメンテーター?に大槻ケンヂ、辛酸なめ子というおなじみの布陣。冒頭からユリ・ゲラーのインタビューでテレビの会場で大槻ケンヂがそれが一番のクライマックスでは!?映画館の皆さん、まだ出て行かないで!というあたりはもうなにを見てるのかわからなくなるところ。

以下特に記す内容はないのですが、料金なんの割引も効かず変だと思ったら、スプーンもらえました。もちろん、ユリ・ゲラーが観客に語りかけてきましたよ!
2019/01/30 (Wed)

言わずとしれた1977年ダリオ・アルジェント監督作のリメイク。
元作は好きではあるけれどそれほど熱心なファンというわけではありません。
(ジェシカ・ハーパーは好きだけどな!かつて怪奇作家から時代小説家になった倉阪鬼一郎さんと、亡きゲーム作家柴尾英令の三人でジェシカ・ハーパー・アソシエイションJHAというネット内地下活動をやってたほどだけどな!)
77年といえば「怪しい館」「美少女たちが次々に死ぬ」「ポップな映像」と共通点が多い
大林宣彦『HOUSE』が同年作。そうとわかり、これはそのころ一体何があったのだろうと昨年末広島こわい映画祭の楽屋で川松監督たちと首をひねったものの、特に結論は出ず。

ああ、ええ、今作ですね。見ました。
一言でいえばあまり好みではなかった、かな。
冒頭から中盤があまりわくわくしないのですね。趣味があわないのかなあ。似た感触の映画としてルシール・アザリロビック監督『エボリューション』2015思い出したのだけど、そんなに間違ってないかも?ただあちらほど好みの映像美というわけでもない。1977年のベルリンが舞台だから寒々しいし、陽の光も弱いし。

中盤からちょっといいインサート映像があります。短くてショッキング。その瞬間目を引くけどそれだけ。
クライマックスのダンスの発表会から終わり間近まではなかなか。
でもラストが蛇足な感じもするしなー。
ティルダ・スウィントンの二役も特に意味はわからず。あるんだろうけど、そうでなくても成立するんじゃない?
<< 前のページ■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]